ソフトテレパシーと自我を守る3つの壁|ナポレオン・ヒルの成功哲学

テレパシー

テレパシーの仕組みと聞くと旧に怪しいものに思えがちですが、無線通信の仕組みと聞くと「あ、そういうものか」と納得できるものです。

脳波の仕組みは、この無線通信の仕組みと非常に酷似しています。

この記事では、この脳波の仕組みを用いて他の誰でもない自分自身と向き合い、そしてもう一人の自分自身を味方につけるためのノウハウについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

脳波の仕組み

脳波

全ての脳細胞は、思想という電波の送信機であると同時に受信機であると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

この言葉も、明確な目標を持つことの重要さを物語っています。

こちらのサイトでの他の多くの記事でも書いている通り、明確な目標とは「明確」でないといけません。

また明確な目標とは、達成計画までもが明確で、綿密に練られたものでなくてはなりません。

人間の頭脳はただの目標ではない、正しい明確な目標と願望によって、初めて強烈に充電され、そのエネルギーが具体的な願望を呼び込むのです。

通信手段は、マルコーニなどが無線機を発明する以前から、その原型として例に上げるなら、狼煙のような形で昔から人類にもありましたが、私達の脳もまた、立派な通信機器なのです。

ラジオ放送局の送信機の仕事は、音声をラジオ周波に変換し、それに大きなエネルギーを加えることで電波が生じ、それが受信機のアンテナへと届くのですが、受信機ではこの過程が逆になります。

受信機はラジオ周波の電磁的なインパルスを拾い出し、私達の耳に聞こえる機械的な振動に変換します。

人間の頭脳も、原理的にはこれと似た仕組みになっています。

それではこの仕組みを活用して、自律して脳を活性化させる手法について詳しく見ていきましょう。

ソフトテレパシーで脳を活性化させる

スイッチをONにする

いくら脳も通信機器と同じように人体に通信を行っているとはいえ、無線通信機のように自由自在にあなたの脳から他人の脳へ、アイディアや考えが飛び交うというわけではないので注意しないといけない、とナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

稀にテレパシーという形でそういうことが現実に生じることは、多くの科学者の批判にも関わらず、否定し得ない事実です。

そのような方法が容易に活用できるに越したことはありませんが、一つの方法として、深いリラックス状態に身を置き、脳波のうち、シータ波と呼ばれるゆったりとした周波数の波を出すようにすると、未知の情報を受けやすくなることが、世の中のさまざまな研究結果から知られています。

例えばヨガなどの行者が、遠い地域で生じたことを極めて的確に言い当てるとき、このシータ波が継続して出ていると言われています。

テレパシーとして知られるこの力は、非常に有益で価値のあるものです。

しかし上記で述べたように、現代ではまだ一般的に活用し得るまでには至っていませんが、現代の電子工学は優れた装置を生み出しています。

脳波バイオフィードバック装置と呼ばれるものがそれで、この装置により自力で先ほど述べたシータ波を比較的容易に出せるようになります。

また、この装置を用いなくとも深い瞑想状態になれば、普通の感覚とは一段レベルが上の、鋭い勘とかひらめきが生じます。

ここでテレパシーとは別物ですが、脳波の仕組みを活用した誰でも行うことが出来る、ソフトテレパシーというものについて詳しく解説していきます。

ソフトテレパシーとは、誰でも活用できるもので、特別な心の状態を必要としません。

ただ、明確な願望と積極的な心構えを終始一貫保持することによって、活性化される心の働きのことです。

このような積極的な心構えは、あなたの脳内のホルモンを適度なバランスで分泌させます。

良い気分、活動的な気分というものは、全てこれらのホルモン、例えばβエンドルフィンとか、ドーパミンの分泌によって生じるものです。

こうして脳が活性化されると、否定的な感情に囚われることがなくなります。

人生に経験を積んだ人なら誰でも、否定的感情を持っている時には、何をやっても上手くいかないことを知っています。

その反面で肯定的感情を持つと、ラッキーな場面に出会ったり、チャンスが舞い込んだりすることも知っています。

これがソフトテレパシーの力です。

ソフトテレパシーでは、あなたの心構えが主役を担っています。

その主役となるあなたの心構えを、常に積極的なものとするための簡単な方法があります。

朝、目を覚ましてベッドから起きたとき、もしかしたらあなたの心には次のような考えが浮かぶかもしれません。

  • 今日は天気が悪そうだ
  • 霧がかかっていて、外はとても寒いようだ
  • 今日は気分が冴えない
  • 何か嫌なことがありそうだ

もし上記のような考えが浮かんだら、直ちにもう1人の自分に向かってこう言って下さい。

  • 私の心はそういう考えは望まない。さっさと出て行ってくれ

そして次に、今日一日のあなたの計画と目的に、心を向けてください。

するとまもなく、心はあなたの行動予定によって満たされ、心配や不安の入る余地はなくなります。

こうしてあなたの心は、今日一日を万全の状態で送ることができます。

毎日の積極的な行動計画によって心を調整することは、あなた自身を保つための最良の手段です。

自我を守る三つの壁

鉄の壁

自分自身の自我を守るためには三つの壁が必要であると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

まず第一の壁は、あなたに無駄な時間を使わせる人を遠ざける程度の高さが必要です。

そしてこの外壁にはいくつかの扉がありますが、それほど厳重ではありません。

本当に必要な要件のある人が来るときのために、扉を一つ開けておきます。

第二の壁は、さらに高いものにして、入り口は一か所で警備は厳重にします。

ここを通れる者はごく少数で、しかもその扉を開けるためには、あなたとその相手が共通の願望や目標を持つか、相互に利益をもたらすか、そのどちらかの条件を満たしていなければなりません。

最後の壁は誰一人として登れないような高さで、しかも入り口はどこにもありません。

それは心を守る壁であり、その内部はあなただけの世界です。

そこであなたは、無限の英知と親しく交わることができます。

私達の文明の大きな悲劇の一つは、あまりにも多くの人間が交わり、お互いに悩ませていることです。

近年のインターネットの急速な発達により、SNSや個人のメディアが盛んですが、人類が利便性を図って作ったツールなのにそれを使うことに疲れてしまう、いわゆる「SNS疲れ」などはその典型ではないでしょうか。

ソフトテレパシーを正しく機能させる方法を学べば、人間は総じて新しいコミュニケーションの時代を築くことができます。

そしてこのナポレオン・ヒルの成功哲学において、私達は人間の持つインスピレーションを実際に使用し、どの分野でも第一人者となることができるのです。

価値ある願望の実現に向けて、私達は人間の内に眠るあらゆる力を引き出すことができるのです。

心配や不安を取り除くためには、まずはじめに心を自分の自由自在にコントロールが効く状態にすることです。

自分の心を支配し、コントロールして成果へと繋げる

浴衣姿の女性

人類の多くが、自分自身の心のはずであるにも関わらず、望んでいる自分ではない、もう一人の自分自身に心を支配されてしまっています。

よく他人を支配することをマインドコントロールと言いますが、自分で自分自身を支配することは、心をコントロールすることですので、全く意味も成果も異なります。

もう一人の自分自身を敵対心剥き出しの「敵」のままにしてしまうのか、それとも自分を支え、協力してくれる「見方」にするのかで成果も大きく変わってくるのです。

成功者は誰もが、もう一人の自分自身を味方につけています。

つまり、自分自身の心を自らが支配し、コントロールできているのです。

まとめ
  • 脳波の仕組みを理解して、自分の望む成果に繋げられるように活用しよう
  • ソフトテレパシーを活用すれば、自分の心構えもコントロールすることが出来る
  • 自我を守る3つの壁をきちんと設け、正しい人付き合いと自己防衛を行おう