目標設定は成功の出発点になる重要事項|ナポレオン・ヒルの成功哲学

スタートラインを踏み出す足

目標設定が苦手であったり、嫌いである人のほとんどが、その理由もまたほとんど同じなのはご存知ですか?

この記事をお読みの方も、ほとんどの方が

  • 何度目標設定を行っても、未達成に終わるからやりたくない
  • 正しい目標設定の方法が分からないから、いつも途中で躓いてしまう
  • 考えるのが嫌になり、どんどん気分が落ち込むだけなので、向き合いたくない

このような症状に悩まされているはずです。

しかし、目標や願望を達成するためには、決して避けては通れない、この目標設定について知っておかなければならない重要なポイントを、ナポレオン・ヒルの成功哲学を元に、専門家が詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

目標設定の前に、成功の定義を正しく知る

成功と下記示す手

成功というフレーズは、何かを頑張る以上はどのような場面でも、よく目にする言葉になります。

しかし、成功について詳しく色々と書いている割には、そもそも成功とは何なのか?について言及しているものは、とても少ないものです。

この記事をお読みの方も考えて頂きたいのですが、成功とは一体何でしょうか?

実際に20年前の私自身も、成功とはそもそも何なのか分かっていない状態で、成功を追い求めていました。

成功とは何かも分かっていないものを追い求めたところで、それを掴もうというのは、雲を掴むような話と何も変わらないですから、それでは成果に繋がるわけはないですよね、と今なら理解できます。

一般的に成功とは、成果や結果、成し遂げること、達成した状態、などを表すことが多いです。

しかし、ナポレオン・ヒルの成功哲学の観点では、成功という意味は大きく異なります。

ナポレオン・ヒルの成功哲学における成功の定義とは

他人の権利を尊重し、また正義を全ての行動の基準として、自ら価値ありと認めた目標を、黄金律に従って、一つ一つ実現していく過程である。

上記のように説いています。

他人の権利や、社会正義、価値がある目標、黄金率など、難しく思える言葉もいくつかあるかもしれませんが、一番大切なのは最後の単語で、成功とは「過程」なのです。

一般的に世の中で言われている成功とは、得た、辿り着いた、手に入れた、などの「成果」を成功としているものが多いです。

しかし、それはあくまでも「成果」でしかなく、成功ではないのです。

成功とは、最終地点でどうなったか、何を得たか、ではなく、その過程を言います。

その過程を設定することが、目標設定なのです。

ですから目標設定というものは、曖昧や適当ではなく、明確にする必要があるのです。

それでは次に、明確な目標を設定する際に必要なことについて、詳しく解説していきます。

目標や願望を明確化することに関する重要な3つのポイント

3つのメモ

ナポレオン・ヒルの成功哲学では、目標や願望を明確化する時には、その内容を以下の3点を軸に考えると、まとまりやすくなるとされています。

1,知的であること

目標や願望の明確化における知的であることとは、頭が良いことではなく、知識や知性に対して興味を持ち、分からないことに関しては調べるなどの、知的好奇心が旺盛であることを指します。

知性を磨くことは、調べることが基本になりますので、日々の努力は欠かせません。

こうした地道な努力を怠らないことが、目標を曖昧にせずに明確化できる鍵になります。

2,精神的であること

目標や願望の明確化における精神的であることとは、抽象的な表現や状態ではなく、単に精神状態を良好に保つことを意味します。

自己肯定感が低かったり、簡単に言うとネガティブや消極的な状態では、目標設定を行ったところで完成するのは消極的な目標や願望になります。

それではせっかく目標の設定を行っても、達成することは出来ずに終わってしまいます。

3,実利的であること

目標や願望の明確化における実利的であることとは、利益が有るか無いかといった話ではなく、実際に効果があるかないか、ということを指します。

明確な目標というものは、ゴールも当然ですが、その達成に至るまでの計画まで、綿密に立てることを意味します。

実際に効果があるか、というのは、明確な目標設定の場面において分かりやすく言い換えるなら『達成できるのか』ということです。

この記事をお読みの方も、目標設定を行うことが目的ではなく、目標を達成させることが目的のはずです。

それではあれば、明確な目標を設定することは、実利的(実際に達成させられる)でないといけないのです。

明確な目標を定めることは、それだけで既に半ば達成したことを意味する

50%と書かれたブロック

ナポレオン・ヒルの成功哲学では、明確な目標を定めることは、それが完了した時点で目標達成のための工程の半分を達成したも同じと説いています。

それだけ、達成できる明確な目標設定というものは、時間と頭を使って綿密に組み立てなければならないのです。

私達が実際に個別相談などで目標に関してヒアリングさせて頂く際にも、ほとんどの方がゴールがなんとなく決まっている、といったレベルで満足してしまっています。

明確な目標を定め、次に明確な目標設定を行うことは、例えるなら水路を作ることと同じです。

水路が完成すれば、後はその水路に水を流せば、水は自然に流れていきます。

行動を起こして成果へと繋げることが出来る人は、水路をきちんと作成できている人なのです。

成功の定義を正しく理解し、目標を明確化し、達成する喜びを

くつろぐ女性

成功の意味を理解し、そして目標を実際に明確化し、その計画を立て、実践し、達成することはとても楽しく、ワクワクし、希望に満ち溢れたものです。

設定した目標を達成できる人というのは、この工程を上記で示したように、本当に楽しんで行っています。

この工程を面倒だ、やりたくない、楽しくない、億劫だ、嫌になる、目を背けたい、といった負の感情に包まれてしまう人というのは、つまりはその工程を行ったところで結局は意味のないもので、どうせ未達成で終わる、と心の底で潜在的に信じて止まない人なのです。

その状態で目標を設定しても、その計画に身を任せても、最初から潜在的に無理であることを信じて行っているので、未達成で終わるのは当然の結果であり、ナポレオン・ヒルの言葉を借りるなら「思考は現実化する」のです。

思考は現実はする、というのは、決して自分にとって都合の良い考えが現実化するのではなく、自分がより強く信じていることが現実化するのです。

このような人は、目標の明確化や目標設定の前に行わなければならないことがあります。

それこそが、自身の土台の形成ともなる、潜在意識の再構築なのです。

実際に自分が目標設定を行う際に、どういった感情になるのか向き合ってみることから始めてみましょう。

そうすることで、現在自分が手始めに何を改善していかないといけないのかが、明確になります。

まとめ
  • 自分が求めている成功とは、一体何なのかを正しく知るところから始めよう
  • 目標や願望を明確化する際のポイントを、しっかり押さえてから明確化しよう
  • 現在の自分の改善点を知り、修正して正しく設定できれば、半分は達成したも同じ