自発的に行動する10のモチベーション|ナポレオン・ヒルの成功哲学

やる気のある女性
  • 自分にはモチベーションがない
  • 他の人に比べてモチベーションが低い
  • 自分が何に対してならやる気を発揮できるか分からない

上記のような悩みを抱えている方はたくさんいます。

私達が行っている個別相談を申し込む人の中でも、モチベーションに関しては、非常に相談を受けることが多いケースです。

この記事では、ナポレオン・ヒルの成功哲学を紐解きながら、人を動機付けるために必要な10のモチベーションとその活用方法に至るまで、20年従事している専門家がひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

目標を達成するために必要なモチベーション・動機

事務でトレーニングする女性

ナポレオン・ヒルの成功哲学では、個人の業績は全て、それをもたらすモチベーションや動機の結果であるとされています。

お金を稼ぎたい、モテたい、優雅に生活したい、好きな時に好きなことをしたいなど、何かしらのモチベーションや動機を、誰もが必ず持っているものです。

逆に、モチベーションや動機のない行動は、成果を生むことはとても困難を極めます。

なぜならそれは、簡単に例えるなら目標がないのに行動を起こしているのと同じだからです。

明確な目標設定とモチベーションや動機は、とても密接な相乗効果の関係にあります。

明確な目標設定を行うことで、モチベーションや動機へと繋がったり、逆にモチベーションや動機が、明確な目標を見つけ出すこともあります。

一つのモチベーションが発端となって、一つの業績を生み出すこともあれば、いくつかのモチベーションが組み合わされて、一つの業績を生むこともあります。

それでは次に、人間を自発的な行動へと駆り立てる、基本的な10のモチベーションについて見てみましょう。

目標を達成へと導く10のモチベーション

10と書かれた飛行機雲

ナポレオン・ヒルの成功哲学では、自発的な行動へと駆り立てる10のモチベーションは、以下のように定められています。

1,自己防衛

2,愛

3,恐怖の感情

4,SEXの感情

5,永遠に生きることに対する欲求

6,自由に対する欲求

7,報復の感情

8,憎しみ

9,自己表現および認められたいという欲求

10,物欲

成功哲学における10のモチベーションと聞くと、何か高尚なものに思えて、もしかしたら上記を見て驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、人間を根本から動かすための動機やモチベーションというものは、こうしたどこまでも生々しいものです。

そして、恐怖、報復、憎しみという負の感情を連想させるモチベーションも、立派な動機づけになるのです。

一番簡単に例えるなら、それほど強い動機付けになるから、世の中では犯罪が無くならないのです。

犯罪を犯すまでに人を強く突き動かすモチベーションというものは、とてつもなく強力な動力源です。

これまでの人類の歴史上でも、人類を脅かしたり、恐怖に陥れた政治家や思想家もまた、これと同じなのです。

ただこれらはその使い方を、善悪のどちらにベクトルを向けたかの違いでしかありません。

ということは、この記事をお読みの方であれば、そのベクトルを善へと向ければ良いだけなのです。

これら10のモチベーションは、社会的な成功を収める上で最も基本的なものとなる、とナポレオン・ヒルの成功哲学でも語られています。

健全な人々を行動へと駆り立てるものは、これらの10のモチベーションであり、それを正しく認識することは、成功の第一歩であると言えます。

これらの10のモチベーションは、自分以外の人々を理解し、正しい行動を求める上でも必要なことですが、同時にあなた自身が人間として、他人のモチベーションを理解し、共感していく上でも必要なこととなります。

次に、自分自身の内側に秘められたモチベーションを見つけることについて、詳しく解説していきます。

目標達成には正しいモチベーションと、正しい行動が必要

正解のジェスチャーをする女性

成功には、正しいモチベーションと、正しい行動を常に求める必要がある、とナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

重要なのは、ただのモチベーションと行動ではなく、どちらも「正しくないといけない」点です。

これは先程の善悪の例でも挙げたように、強力な動力源も、行動のベクトルを悪に使用してしまっては意味がないですよね。

ですので、正しい行動のベクトルは「常に善である必要」があります。

そして正しいモチベーションとは、どのようなことを差すのか具体的に解説すると、「それが自分にとって正直な内容であるかどうか」ということです。

自分のモチベーションとなる事柄を、相手へと伝えた時に

なんて素晴らしいモチベーションなのでしょう!

と周りから称賛されたいがために作っただけのような、本心とは遠くかけ離れたお飾りのモチベーションでは、自分自身を正しく動機付けることは出来ません。

モチベーションとは、どこまでも生々しくて良いのです。

大金持ちになりたいのであれば「お金を稼ぎたい」、業界でナンバーワンになりたいのであれば「トップまで上り詰めたい」など、自分以外の誰かへ伝える時でも、常に正直でいるべきです。

勘の良い方はここでお気づきになられた方もいるかも知れませんが、モチベーションと行動の2つにしか目がいかないと、ナポレオン・ヒルの成功哲学で語られている、重要な3つ目を見逃すことになります。

そうです、3つ目とは「常に求める必要がある」のです。

自分の内側だけで密かに秘めているものと、相手に掲示するものに、本音と建前を用意していると、潜在意識は混乱します。

潜在意識は、本音と建前を理解するようなことはしません。

より強く、常に発言したり聞いたりすることで、数多く反復している方を、潜在意識は「求めているもの」と認識します。

そして、一定の目標や願望の背後には、それを心から求めて止まない強い欲求がなくてはなりません。

あなたを行動へと駆り立てるものは燃えるような欲求であり、その欲求を駆り立てるものこそ、モチベーションなのです。

あなたの心の中にも、先に挙げた中のモチベーションが必ず隠されています。

それを見つけ出し、あなたを駆り立てれば駆り立てるほど、あなたはより深く、潜在意識と関わることになり、成功へと近づいていくことになるのです。

モチベーションや動機を正しく理解し、成功へ向かうために

微笑む女性

成功するために、モチベーションや動機を見つけ、活用することは世の中で盛んに行われています。

しかし、その正しい理解と設定方法や活用法を知らないと、明確な目標設定とただの目標設定、更に次元を下げるなら希望や夢物語のように、設定しても達成できない、といった結果を生み出すだけで終わってしまいます。

せっかく素晴らしい目標や、モチベーションがあるのであれば、それを正しく活用しさえすれば、成果へと結びつけるのは決して難しいことではありません。

明確な目標を設定し、達成するためにも、モチベーションや動機づけを正しく理解して、活用していきましょう。

まとめ
  • 目標を達成するためには、モチベーションや動機付けは必須
  • 10のモチベーションを理解して、自分の動機づけになるものを見つけよう
  • モチベーションを正しく、自分に正直で、常に求める状態を維持すると成果に繋がる