明確な目標が資金と時間に計画性を生む|ナポレオン・ヒルの成功哲学

小銭と時計

お金や時間の浪費に悩んでしまう人は、非常に多いものです。

この記事を開いた方も

  • 無駄遣いが激しので改善したい
  • ついつい何もせずボーッとして過ごしてしまう
  • 目標があるけど誘惑に負けてしまう

上記のような悩みを抱えている方も多いでしょう。

この記事では、明確な目標を設定することで、なぜ資金や時間の管理も上達していくのかについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学を交えながら、20年従事している専門家が詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

明確な目標を立てることは、資金と時間の計画を立てることにも繋がる

手帳と計画

ナポレオン・ヒルの成功哲学では、明確な願望や目標を持つことが、時間とお金の使い方に計画性をもたらす、とされています。

なぜなら、明確な目標を設定する上で、資金は得るための目標にもなりますし、お店を出したり、何かを買ったり、会社を立てたりするのにも、何をするにも必要な道具なので、必ず計算に入れなければなりません。

また、時間も同様で、人生という限られた時間内に、何をするかを決めることは非常に重要です。

私達が実際に個別相談などの際に、目標について伺わせて頂くと、仕事を引退したら世界一周旅行をしたい、という方がいらっしゃいます。

それ自体はとても素晴らしい目標なのですが、現実的に考えると計画次第では、楽しい旅行というよりは、かなり緊迫した旅行になるのです。

例えば仕事の引退が60歳程度でしたら、まだ身体は動きますので、そこまで大変な旅行にはならないでしょう。

しかし、これが70歳や80歳だとすると、世界一周の旅行というものは、身体の健康管理がかなり綿密に出来ていないと、楽しい旅行どころか逆に拷問にもなりかねません。

ですから、人生を楽しむためにも、明確な目標とその計画は必須なのです。

そして、明確な目標によって計画され、有効に使われた資金やお金には、必ず利子がつくものなのです。

目標や願望を実現するために、毎日着実に積み重ねられた時間は、確実にあなたを育て、成長させるからです。

明確な目標があると、資金を使う時に常に慎重になる

出費に慎重になっている様子

明確な目標が設定できるようになると、お金も時間も使う際に非常に慎重になることが出来ます。

これはつまり、お金に関して浪費が激しかったり、もしくは時間にルーズな人というものは、そのほとんどが明確な目標がなく、人生を惰性で過ごしてしまっている人がほとんどなのです。

もしくは、積極と楽観を勘違いしてしまった「なんとかなるさ」精神の人のどちらかです。

先程実例で取り上げた、時間に関しての世界一周旅行の実例と同じで、明確な目標によって綿密な計画が立てられると、お金も時間も、どちらも使う際には非常に慎重になるように変わります。

それはなぜかというと、最も有効な使い道と、最も役立つような使い道を考えるように変わるからである、とナポレオン・ヒルの成功哲学でも説いています。

分かりやすく例えるなら、恋人や家族、子供の誕生日などでプレゼントを買ったり、家族で旅行に行ったりといった場合に、期限や金額といった明確な目標が設定され、また遅延することは許されない絶対条件となりますので、否が応でも達成させるために必要な条件が明確になります。

そうすると、人は自然に何としてでも達成させるために、時間であれば有給を取得したり、資金であれば足りないのであれば副業をしたり、貯金をしたりして達成させるための手段を構築します。

目標金額までいくら必要なのが分かっている中で、それを未達成にするような無駄な出費や、当日キャンセルしないといけなくなるような予定入れないように、資金と時間の管理をしっかりと行うようになりますよね。

人生でも同様で、明確な目標を設定し、その計画を立てることで、無駄を省き、行動には慎重になれるのです。

明確な目標が、困難な仕事をやり遂げる力を与えた実例

達成して喜ぶ後ろ姿

印刷会社のオーナーであるロバート・フーディンはある時、スポーツカーのジャガーを現金で購入するという目標を立てました。

しかし、そのためには毎月最低4万ドル以上の仕事をしなければなりません。

そのためにフーディンは、ジャガーの写真を切り抜いて、それをオフィスの壁に貼っていました。

こうして毎日その写真を眺めながら、そのジャガーを運転している自分を思い浮かべていました。

この唯一の目標が、困難な仕事をも頑張ってやり遂げる力を与え、そして遂に彼はその車を買うことができたのです。

この実例を、この記事をお読みの方はどう捉えますか?

ほとんどの方は、「どうやって毎月4万ドル以上の仕事を成功させたのか」に着眼します。

しかし、重要な点はそこではないのです。

仮に、その内容を彼に教えてもらえたところで、同じことが出来る自信がありますか?

そして、同じだけの金額を稼げるでしょうか?

答えは「NO」です。

なぜなら実際に聞いたところで、ごく当たり前の普通ならば大変で諦めてしまったり、やろうともしないことを、ただ目標達成のためにひたすら頑張っただけだからです。

ほとんどの方は、それを同じように実践したところで、途中で折れて諦めてしまいます。

重要なのは、「何をしたか?」ではなく、「なぜ折れることなく継続できたのか、なぜそこまで頑張ることが出来たのか」なのです。

そのためには、手段や方法ではなく、その土台となる自己形成が必須となる良い実例です。

明確な目標を設定することで、資金と時間の使い方が上手くなる

空を見上げる女性

明確な目標というものは、それを設定し、その行動計画を立てることで、自然と資金と時間の活用方法が上達します。

目標を設定すれば達成できます、のようなトンデモ理論では、何の根拠もなく、ただの精神論や根性論のレベルになってしまいますが、このようにナポレオン・ヒルの成功哲学では、ひとつひとつの作用をロジカルに説明しています。

この記事をお読みの方で、もしお金や時間の使い方に問題があったりする場合は、目標が明確でなかったり、またその計画が綿密でない場合が考えられます。

正しく明確な目標を設定できるようになれば、この記事でも挙げたように、考え方が変わり、お金や時間の使い方もうまくなり、行動にも変化が生まれ、結果も今までとは変わったものへと変化していきます。

正しい明確な目標設定を行い、望み通りの人生を手に入れられるように変わっていきましょう。

まとめ
  • 明確な目標設定と行動計画ができれば、資金や時間に対する意識も変わる
  • 時間やお金にルーズになってしまうのは、明確な目標がない場合がほとんど
  • 正しい明確な目標設定を行い、人生の目標を達成しよう