自己承認欲求をモチベーションへ転化する|ナポレオン・ヒルの成功哲学

認め合う男女

承認欲求とは別に、自己承認欲求というものがあります。

よくどちらも同じものに捉えられがちですが、この2つは全くの別物になります。

そして、この欲求を正しく理解して、実践すると、成果を得るための道標となります。

認めて欲しいというこの基本的な欲求を活かし、成果へと繋げるためのノウハウを、ナポレオン・ヒルの成功哲学を紐解きながら、20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

承認欲求と自己承認欲求を正しく理解し、正面から向き合う

付箋と虫眼鏡

他人に自己を認めて欲しいという承認欲求は、人間なら誰しもが持っている欲望です。

この承認欲求とは別に、自己承認欲求というものもあります。

承認欲求とは簡単に例えるなら、あなたのことを「月収1000万円稼いでいるからすごい!」と、他人があなたを評価して認めていることに対して満足を感じることです。

成功を志す際に向き合うべきなのは、承認欲求ではなく自己承認欲求の方になります。

この自己承認欲求を上手く活用するのであれば、金銭のためではなく、自己を表現するためや、人々への奉仕のために働くべきです。

実際にたくさんの人が、そうした活動によって成功者になり、また多くの思想家は、人生の最終目標はより高い次元での自己表現にある、と考えています。

なぜ金銭のために働くことが良くないかというと、承認欲求と自己承認欲求は全くの別物だからです。

自己承認欲求とは「自分で自分を認める」ことですので、自分を着飾るものやステータスではなく、自分の在り方というものに焦点を当てることになります。

なぜなら、自分自身は本当の自分を知っていますので、自分が様々な理由から着飾っている虚像の真実や、他人が羨んでいても自身は満足していないことなども知っているからです。

この在り方が自分でも認められるようになるということは、同時に他人にも自分の魅力が伝達します。

例えば筋トレをしたりダイエットをしたりして、自分の身体に自信を持てるようになると、動物として同性のその他大勢よりも自信を得ることで、雰囲気や立ち居振る舞いも変わり、その自信は周りにも伝わりますよね。

自己承認欲求の実現は、自己実現と言っても良いほどのものです。

生命はその進化の過程で、単純なものからより高度で複雑なものを生み出してきましたが、人間もこの原理に従い、自我が自己の存在を高めようとする欲求を持っていると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

自己の存在を高めるためには、毎日積極的な心構えでたくさんの人々と触れ合うことが必須となります。

そうすることで、やがて大いなる力へと変わり、成果を出すための足掛かりとなるのです。

次に、自己実現に必要な要素であるアウトプットについて、詳しく見ていきましょう。

自己実現の要はアウトプットにある

アンティークの鍵

人間関係の中では、あなたの自己表現によって、他人に伝えられる思想や感情は、そのままあなた自身の財産となるとナポレオン・ヒルの成功哲学でも語られています。

人間は人に話したり伝えたりすることで物事を記憶するものです。

従って、覚えておきたい話や知識は繰り返し、他に伝えると良い効果を得ることができます。

またそれはコミュニケーションの基本である、意思の疎通にも大変役立つものです。

あなたが普段からそうした態度で周囲の人々と接していれば、大切なときにも周囲の理解が得られます。

アウトプットの落とし穴

自己実現のためにアウトプットは重要なのですが、ここで一つ注意しておかないといけないことがあります。

それは「アウトプット」の質(内容)です。

アウトプットの質は、自分の周りに集まる人の質を決める重要な要素です。

簡単に言うと、自分のアウトプットの質と同レベルの人が集まるようになります。

成功哲学で表現するなら類友の法則というものです。

アウトプットの質を上げたい場合に、アウトプットの質が高い人と時間を過ごすのは間違いです。

正しくアウトプットの質を上げたい場合には、インプットする質を上げることです。

つまり、学ぶ内容の質を上げることにあります。

続いて、なぜアウトプットの質を上げるために、インプットの質を上げる必要があるのかについて詳しく解説していきます。

Give and Takeを正しく実践する

OKとNGの選択肢

受け取るよりも与えるべきであるという教えがあります。

なぜなら、与えることで初めて得ることが出来るからです。

世の中の仕組みは、全てこの法則に則っています。

先程の教えてもらう意味でのアウトプットの質が高い人と過ごすというのは、Give and Takeの精神から外れています。

なぜなら相手のことを考慮せず、自分本位で自分が第一優先になっているからです。

自己表現に関してはこの教えは真実です。

あなたが学び研究していることは、全て他人に話し説明し分かち合うことで深められ、持続するものであると、ナポレオン・ヒルの成功哲学でも説かれています。

もしそれをしなければ、大切なときに要点を忘れたり、失敗することさえあります。

自分本位に得ることを優先して考えても、上記は同じことなのです。

クレクレ精神で学んだ内容ほど、要点を忘れたり、誰かに指摘されるまで忘れてしまうものなのです。

Give and Takeで奉仕の精神でも無闇にアウトプットしない方が良いもの

Give and Takeの精神は大事なものですが、あなた自身の具体的なプランや目標は別です。

こちらについてはまた別の記事で詳しく解説しますが、具体的なプランや目標は相手に応じて秘密にしておいた方が良いものです。

次に、与えることとせき止めることの決定的な違いについて、詳しく解説していきます。

与えることと受け取ることの流れをせき止めると何が起きるのか

死海

与えることは一つの表現方法であり、また生きることそのものである、とナポレオン・ヒルの成功哲学でも語られています。

次の物語は、この心理を実証するものです。

パレスチナには二つの湖がある。

その一つ、清らかな水を湛えたガリラヤ湖には魚が住み、水面に枝を広げた木々の根は、需要豊かな水を吸うために、深く広がっている。

そして緩やかな起伏を見せる近くの平原では、5000頭の家畜が育てられていた。

キリストはこの地を愛した。

彼が教えを説くとき、その瞳は豊かな水の恵みを映し出し、遠く湖の銀面の彼方に注がれていた。

一方、ヨルダン川丘陵からほとばしる急流となってガリラヤ湖を生み出し、さらに南方の湖へと流れ込んでいる。

それは死海である。

死海といっても湖なのだが、それは文字通り死の海であり、湖面に泳ぐ魚、揺れそよぐ木々の葉とてなく、小鳥のさえずりや子供たちの声もなく、旅人もここを通ろうとはしない。

重苦しい大気に追われた海面では、人も家畜も、その水を決して飲もうとはしない。

何がこの大きな違いをもたらしているのでしょうか?

ヨルダン川ではありません。

この川は両方の湖に同じように素晴らしい水を運んでいます。

地形のためでも、気候のためでもありません。

そして、ガリラヤ湖はヨルダン川の流れを受け、その水を湛えてはいますが、せき止めてはおらず、そこに流れ込む水が一滴あれば、そこから流れ出す水もまた一滴あるのです。

つまり、受け取ることと、与えることが同時に行われているわけです。

それに対して、死海はヨルダン川の流れを遮り、せき止めるだけです。

流れ込む水はあっても、流れ出す水は一滴もありません。

生きているガリラヤ湖に対し、文字通りこの湖が死海である理由はそこにあるのです。

与えることのない湖は、まさしく死海となっているのです。

受け取ることしか考えていない人や、与えることをしない人の周りに人が集まらないのは、こうした自然の摂理と全く同じなのです。

そして、自分自身の思考や在り方に関しても、全く同じ作用をもたらします。

自分自身を死海にせずガリヤラ湖にするために

仕事の電話をするビジネスウーマン

この世にも2種類の人間がいます。

ちょうどパレスチナの二つの湖のように、成功するためにはあなたは両手を使う必要があります。

片方の手は上に伸ばして、質の高いインプットを受け止め、もう一方の手は下に向けて、新たな成功を支えてくれる人々に感謝を伝えます。

周囲の協力や援助も無しに成功した人は、一人もいません。

だからあなたは必ず恩返しをしなければなりません。

願望実現しようとする単純なプロセスを守りさえすれば、成功のために必要なものは、全て手に入れることができるようになります。

質の高いインプットを意識して学び、そしてアウトプットの質を上げて、周囲の人間を質を上げていきましょう。

まとめ
  • 承認欲求ではなく、自己承認欲求にフォーカスするようにしよう
  • インプットは自己、アウトプットを他者へ行うことでGive and Takeが成り立つ
  • 流れをせき止めず、持続することで周囲の質も変わってくる