明確な目標を持つと常に成功を意識できる|ナポレオン・ヒルの成功哲学

オンとオフの切替

あなたは今、無意識下で常に成功を意識している状態になっていますか?

私達が行っている個別相談へ申し込みされた方にこの質問をすると、ほとんどの方が「ギクッ」と心を読まれたかのような反応をされます。

無意識レベルで常に成功を意識するためには、潜在意識の活用が不可欠です。

そのためには、明確な目標を持つことが必須条件となります。

  • 目標は持っているけど、明確になっているかと言われると不安
  • 常に意識できているかというと、正直自信がない

この記事では上記のような方へ向けて、ナポレオン・ヒルの成功哲学と実際に成果を出せた人の実話から、明確な目標と潜在意識の関係性について、20年従事している専門家が詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

明確な目標を設定することで常に成功を意識する

想像する女性

常に成功を意識することは、成果を出している人が当たり前にできていることです。

なぜ当たり前にできているかというと、それを意識的に行っているのではなく、無意識下で行っているからです。

これをナポレオン・ヒルの成功哲学では、潜在意識の活用と呼んでいます。

本でもセミナーでも潜在意識というフレーズはよく耳にするものですが、その活用方法と具体的なノウハウについて語られているものは、ほとんどありません。

なぜなら、潜在意識というものが何なのかについて、理解している人が少ないからです。

潜在意識とは、決してスピリチュアルなものや抽象的なものではなく、どこまでもロジカルに説明できるものです。

この記事では明確な目標が主題なので詳しくは触れることはしませんが、潜在意識について詳しく学びたい方は、私達が行っている個別相談を受けてみることをお薦めします。

話を戻しますが、負け犬根性を払拭し、明るくて積極的な精神をあなたに与えるものは、明確な目標や願望、あるいは目的である、とナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

潜在意識の活用方法を理解し、実際に実践すると、あなたの心は成功のポテンシャルを100%確信し、失敗の恐れから完全に解放されるようになります。

成功の意識が一人の青年を目覚めさせ、成長産業への劇的な参入から始まり、卓越したアイディアを駆使して、遂には業界の王となった、大変興味深い実話がありますので詳しく見ていきましょう。

明確な目標が成功まで導いた実例

昔、ソルトレイクシティに一人の青年が住んでいました。

彼は真面目な働き者で、毎月必ず給料を貯金し、その仕事ぶりと倹約ぶりは人々の評判になるほどでした。

ところがある日、彼の評判を180度ひっくり返してしまうような事件が起こりました。

彼は一生懸命働いて貯めた4000ドル以上のお金を、全て銀行から下ろしてしまい、ニューヨークの自動車ショーへ行き、有り金を全てはたいて一台の新車を買ってきたのです。

当時としては、それだけでも常識外れでしたが、さらに彼はその新車をガレージに入れると、ジャッキで持ち上げ、次々と分解していったのです。

ガレージは、部品の散乱する自動車の解体場と化し、その中で彼は一つ一つの部品を注意深く検査し、再び組み立てるのでした。

そして彼はこの分解と組み立てを、一度ならず何度も繰り返しました。

その真意を知ることもなく、ただその行動だけを見ていた村人たちは、彼を嘲笑い、得体の知れない気違いじみた人間である、と考えるようになりました。

ところが、二年三年と経つうちに、彼を嘲笑っていた人々も、ようやく彼の真意を理解するようになりました。

その青年とは、ウォルター・クライスラーのことです。

クライスラーが自分の工場で自動車の生産を始めた時から、その製品は数々の改良と技術革新に支えられ、自動車産業の花形になりました。

彼を取り巻いていた人々は、クライスラーの頭脳と精神の中で、一体何が進行しているのか皆目見当がつきませんでした。

願望の実現へ向けて一心不乱に取り組むクライスラーの、狂気とそれを支える方程式を理解し、洞察することができなかったのです。

人々は事業に乗り出そうとする人間の心の在り方、特に成功の意識とそれをもたらす目標や願望の明確性を知りませんでした。

目標や願望は車のヘッドライトのように、あなたの前方を照らし出すものです。

クライスラーはソルトレイクシティの自分の車庫で、新車を分解し入念に調べ上げて、その長所と短所を全て頭の中に叩き込んでしまいました。

そうして彼は自らの名を冠した、自動車の設計製造という卓越した事業を準備したのです。

彼は願望や目標の明確性がもたらす、大きな価値を証明しました。

彼の名声と幸運は、絶対に偶然によるものではありません。

彼は自分がどこへ行くのかをきちんと知っていました。

そして適切にして、入念な旅の準備を整えたのです。

クライスラー社の最高経営責任者で、ナポレオン・ヒル・ゴールドメダリストでもある、リー・アイアコッカは若い頃、自分の未来の経歴を小さなカードに書き込んでいました。

そのカードには、フォード自動車会社の社長になるまでの昇進の過程と、それぞれの日にちがリストにまとめられていました。

彼は願望の明確化をカードに書くことにより、維持して成功したのです。

明確な目標が潜在意識の活用にも繋がる

理論と実践

明確な目標が持つ、ただただ目標達成のために、成功へと一点集中でやらなければならないことを継続したクライスラーとリー・アイアコッカの実話を読んでみて、何を感じ何を学べましたか?

彼らは、「やればできる!やればできる!」などといった精神論や根拠のない状態で頑張っていたのではなく、どちらも明確な目標を持っていたので、潜在意識を活用することで、常に成功を意識し、継続性を発揮し、ゴールへと向かって前進できていたのです。

このことから逆算すれば、常に成功を意識するためには、無意識下である潜在意識を活用せねばならず、そのためには明確な目標を持つことが必須になると、ナポレオン・ヒルの成功哲学でも強調されています。

それでは次に、潜在意識を活用できるかどうかの分かれ目となる、明確な目標について詳しく見ていきましょう。

ただの目標と明確な目標の違いが成功を左右する

凛とした女性

現在設定している目標が、潜在意識を活用できるレベルの明確な目標になっているかどうかを、確認できる簡単な方法があります。

それは、現在の目標と計画を持って、銀行へと融資の相談で足を運んでみることです。

もし、その目標とそれを達成するための計画がしっかりと練られているものであれば、他人を説得することも出来ますので、銀行の融資担当者の理解を得て、無事に望んだ金額の融資を受けることが出来るはずです。

自分を納得させられるだけのものでなければ、他人を納得させることは出来ません。

そして、銀行も可能性を感じるものであれば融資を行いますが、夢物語や計画に穴があるものであれば、自分たちも未回収のリスクを負うことになりますので、精査を慎重に行った上で丁重に断るか、計画が論外であれば1円も融資することはないでしょう。

潜在意識を活用できるかどうかに関しては、上記くらいシビアなレベルで、目標が明確であるかという分かれ目があります。

成功の可能性を上げるためにも、潜在意識を活用するためにも、自分も他人も納得させられるだけの、明確な目標を設定するようにしましょう。

まとめ
  • 明確な目標を設定することは、潜在意識を活用するための必須条件
  • 潜在意識を活用することで、常に成功を意識することができる
  • 明確な目標を設定できているか確認するなら、本気で向き合ってくれる人に確認してみよう