マスターマインドで重要な第三のルール|ナポレオン・ヒルの成功哲学

裏表のある男性

マスターマインドはアイデアや閃き、その他にも現在の自分自身を知るための指標とするのに、最も適した成功哲学の一つです。

協力者が得られない人、周囲に有能な協力者がいない人、熱意を持てない人、自分を抑制してしまう人には特に絶大な効果を発揮します。

この記事ではマスターマインドが持つその特性と、マスターマインドとはどういうものであるべきなのかについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

マスターマインドが持つ力と特性

同盟を組む人

共通の目標を持った者同士の連携は、各自の心を刺激し、エンスージアズム(熱意)やイマジネーションをかき立てるため、各自の能力は高まり、その結果ひらめきが出やすくなるとナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

この記事をお読みの方も、これまでの人生経験の中で、共通の目標を持った人間同士が集まることで、問題解決のための様々なアイデアなどが生まれた事があるはずです。

もし、そのような経験をしたことがない場合には、この共通の目標を持つ仲間が集った状況を想像してみれば、今よりも前進する、改善することが容易であることは想像に難くないはずです。

それでもまだイメージがつかない方の場合は、インターネットの掲示板や口コミを見れば安易に想像ができるはずです。

インターネットの掲示板や口コミに関しては、エネルギーのベクトルが真逆になっていますが、集団で個人や何かを批判したり、否定したりする際の結束力や団結力、行動力や意見から、その周囲や対象へとても大きな影響を及ぼし、時には事実をも捻じ曲げてしまうほどの力を発揮します。

つまり、それだけマスターマインドという存在は成果へ繋げる、現状を改善するためにとても大きな力を発揮するものなのです。

マスターマインドがエンスージアズムの歯車を加速させる

ポイント

あなたの心が仲間の心に触れるとき、そこには共感と精神の高揚が生まれ、それは長時間に渡り持続するものであると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

調和の精神で良いコンビネーションの状態となった心は、知的能力を高める効果があります。

それは通常の知識、経験、能力を上回るもので、頭脳が極めて鋭敏な状態に達し、無限の叡智(潜在意識の先にある火事場の馬鹿力のような底しれぬ力)との融合を可能にするものです。

有能な指導者が主催する販売促進会議では、一人一人のセールスパーソンは、会議に出席すると確実にエンスージアズムを持つようになります。

どのような言い方をするにしても、成功の鍵はエンスージアズムにあるのです。

よく世間で勘違いされている解釈は

  • 成功にはエンスージアズムが必要→エンスージアズムを生み出すためにマスターマインドを作る
  • 成功するためには燃え上がるような熱意さえあれば良い

といったものです。

確かに成功するためには、エンスージアズムは欠かすことが出来ない重要な歯車の一つです。

しかしそのエンスージアズムは、あなたのために他人が生み出すことは出来ません。

エンスージアズムを生み出すのはあくまで自分自身であり、マスターマインドが干渉することで延焼することはあっても、着火させることは出来ないことをしっかりと認識しないといけません。

この事実をハッキリと認識できる良い例が、世間一般で言われている書籍を読んだりセミナーへ参加、あるいは人の話を聞いて触発され、瞬間湯沸かし器のように「よーしやるぞ!」と燃え上がっても、すぐにこれまでと同じ状態に鎮火していることを繰り返して悩んでいる人たちです。

この人達がやらないといけないことと修正しないといけないことは、他人に啓発されるのではなく自己啓発をし、自身で燃え立つようなエンスージアズムを生み出すことであり、小手先のテクニックや聞いたことのない情報を仕入れる為に、あれこれと行動することではないのです。

周囲の人間と自分の心はマスターマインドですか?それとも…

成功と失敗の分岐点

全ての人の心はソフトテレパシーの機能を持っていますが、その事実を知っている人は少ないものです。

ソフトテレパシーについて詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

確固たる願望を持つこと、そしてさらにその願望によって心と心が結ばれる時、人間の知性や感受性は大いに高められると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

ここで重要なポイントは、繋がる心です。

自分が繋がろうとしている心がどのような心かによって、その先が左右されます。

なぜなら、あなたの心が相手の考えを映し出す鏡となるように、相手の心はあなたの考えを映し出す鏡となることです。

つまり、分かりやすく例えるならあなたがネガティブな人の心と繋がれば、あなたの心もネガティブという間違ったベクトルに高められることになるのです。

よく類友の法則、とも言われていますよね。

自分と似たような人が自分の身の回りにも集まる、と言った具合です。

例えば、自分が美意識が高いのなら同じように美意識の高い人が、お金持ちなのであれば同じようにお金持ちが、稼ぎたいのであれば同じように稼ぎたい人が集まるのです。

この事実を応用すれば、周囲を反面教師とすることで、自分自身を戒めることも出来るのです。

現在、自分の周りが言い訳ばかりで何もしない人なのであれば、自分が気づいていないだけで周囲同様に言い訳ばかりしているはずなのです。

この記事をお読みの方も「そんなことはない!」と思われるかもしれませんが、残念ながらプラスの類友はあってもマイナスの類友はない、などということはありません。

そして、ここから先が自己啓発が必要な最たる原因でもあるのですが、これまでは心の対象を「自分と他人」でお話してきました。

しかし、これは「自分と自分」にも当てはまるのです。

分かりやすく言い換えるなら、「顕在意識の自分」と「潜在意識の自分」です。

顕在意識の部分は都合の良い解釈しかしませんので、いつでも自分の味方です。

しかし、潜在意識の部分はどこまでも正直です。

これまでに、何かをしようとしても「そんなことできるわけがない」「自分には無理だ」「これまでも散々失敗してきただろう」と心の声が聞こえたり、頭では分かっていて一歩踏み出そうと体を前のめりにしても、心が全力でブレーキを掛けているような状況を経験したことがあるはずです。

このように、顕在意識ではポジティブ(のつもり、も含む)でも、潜在意識下でネガティブなのであれば本質はネガティブなのですから、そちらに引きずり込まれるのは当然なのです。

その他にも上記よりも重症で本人も気づいておらず、成功からはどんどんかけ離れていく、ポジティブだと勘違いしているだけのオプティミズム(何とかなるだろう、などの楽観思考)なども存在しますが、ここでは割愛します。

そしてさらに気をつけないといけない点は、人間の持つ力は他の力と同様に諸刃の剣となるということです。

精神の高揚は素晴らしい瞬間ですが、それだけに誤った考えを、ムード的に受け入れてしまうこともあります。

カルト集団や洗脳、マインドコントロールなどが、これに該当します。

他人の考えを受け入れるためには、それを冷静に判断するだけの思考する力が、自分自身に備わっていなければなりません。

マスターマインドを正しく選択することで、成果へと繋げる

会話を楽しむ女性

マスターマインドの内容を学ぶと、大抵の人はとにかく手当たり次第にマスターマインドにしようとします。

もしくは、マスターマインドではない人をマスターマインドと勘違いして認定します。

この記事をお読みの方も、友達と親友の違いはすぐに理解が出来るはずです。

そして、親友の作り方や選び方も既にご存知のはずでしょう。

マスターマインドとは、親友と非常に酷似しています。

自分の周囲と自分の内面に親友を作ることが、成功へと繋がるための懸け橋となるのです。

そのためには、自分がきちんと思考して選択し、正しい友好関係を結ぶようにしましょう。

まとめ
  • マスターマインドはエンスージアズムやイマジネーションをかき立てる
  • 他人はエンスージアズムを生み出すのではなく、延焼させるだけと知ろう
  • 周囲を見れば自分が分かる。そして内面の自分がマスターマインドか確認しよう