マスターマインドで重要な第五のルール|ナポレオン・ヒルの成功哲学

肩を組む女性

協調を得られるかどうか、自分の周りにどれだけ協調してくれる人がいるかどうかは、成功を左右する大きな要因です。

マスターマインドを得るために必要な要素と、周囲から協調を得るために必要な要素について、実例を交えながらナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家が、一つ一つ解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

成功するために欠かせない要素

キーポイント

大きな成功は全て協調と明確な目標の産物であり、またほとんどの成功は秩序ある個人的努力の成果に懸かっているとナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

重要なポイントは明確な目標があり、かつ個人的努力をすることは当然のことですので、協調が欠かせないものであり、また秩序が在るかどうかです。

協調が得られるかどうか

ビジネスに限らず人生のどのようなことであったとしても、協調が得られるかどうかは成否を大きく左右します。

例えば恋愛や結婚に関しても、パートナーを見つけられるかどうかは各自の努力の他にも、独力のみで探すのか、それとも協力して探してくれるパートナーがいるのかいないのかは大きな違いになります。

秩序が在るかどうか

近年、インターネットが急速に発達したことによる時代の流れと、また流行の目まぐるしい変化により、それに合わせてビジネスも大きく変動しています。

そうなってくると、どうしても秩序が乱れがちです。

簡単に言うと、本来あるべき筋道を通さない流れで物事を進めようとしたり、新しい流行などが生まれたりすることでテンプレートや王道がないことから、自由にできることを無秩序と勘違いして進めようとする人が必ず存在します。

これらは全て、結果的に成功から大きく道が外れてしまいますので、注意するべきです。

実際に秩序のある協調が成功を生み出した実例について詳しく見ていきましょう。

恐怖を信念に置き換えた実例

ここで、マスターマインドを実際に適用することで得られた、具体的な成功例を紹介します。

それはマスターマインドの適用の仕方と、適用の範囲を明らかにし、その現実的な成果を示すものです。

1932年大統領に初当選したフランクリン・ルーズベルトは、当時の人々の心を覆っていた恐怖の念を信念に置き換えるために、具体的で有効な政策を実施しました。

1932年、アメリカは世界大恐慌の真っ只中にありました。

財産株式、社債をはじめ、人々は手に入れた一切の富を失い、失意の底に沈んでいたのです。

そこでルーズベルトは、人心の一新と混乱と停滞を打破するために、その指導力を発揮しました。

彼は、マスターマインドに現れる人間の本質と潜在能力を把握し、その上で混乱と恐怖の時代を、勇気と信念の時代へと作り変えることを決意しました。

ルーズベルト大統領におけるマスターマインドがどのように組織されていったか、ここに素晴らしい実話が展開されるのです。

第一の事実。

当時、アメリカの議会の上院と下院は、新大統領の元で政策の違いを克服し、苦難の時代を乗り越えるために、一致協力して努力しました。

新大統領の個性は、両院を大いに励ましたのです。

第二の事実。

新聞社は混乱や恐怖の元となる見出しを使用せず、未来に対する信頼と希望を表すような表現を使うように依頼されました。

事業の失敗ではなくその成功を強調し、掲載される物語では人間の勇気や努力を表現するように求められたのです。

言論の自由が今ほどではなかった時代だから出来たことですが、この方法は人々の心に明かりを灯す結果となりました。

第三の事実。

新聞と同様に、全てのラジオ放送局は暗く陰鬱なニュースを伝えるのではなく、明るいニュースを伝えるように依頼されました。

なぜか多くの人々は、悲惨なニュースや貧困や愛欲、あるいは災害や危険に関するニュースを好みますが、1930年代の初め、新聞やラジオはこうしたニュースばかりを伝え、そのためにますます人間と社会が暗いものになってしまい、明るくて前向きなニュースを求めることが非常に難しい状態でした。

新大統領の個性はその点、実に素晴らしいものでした。

しばらくすると、新聞やラジオは明るさであふれ「今日も良いニュースがあります」で有名になったアナウンサー、ガブリエル・ヘッターが登場します。

これぞまさに大恐慌に打ちのめされたアメリカが待っていたものです。

それは国民の感情に直接訴えることで大きな成果を上げました。

第四の事実。

共和党の指導者も超党派で、ルーズベルト政権を支持しました。

しかも、彼らに続いて、多くの党員がルーズベルトを支援しました。

もしそうでなかったら押し寄せる恐怖を打破し、短期間の内に信頼を回復することはできなかったでしょう。

第五の事実。

圧倒的多数の国民は政治的および宗教的信条の別なく、ルーズベルト大統領のもとに結集し、ニューディール政策の成功のために大統領を支持しました。

大統領の任期は4年ですが、一度選出された大統領に対しては、批判を浴びせてその足を引っ張るよりも、彼を支援し名大統領の高みにまで押し上げる方が、結局のところ国民にとって有益です。

ルーズベルトの実例から学ぶこと

本読んで考える女性

全ての事実はサラッと出ている内容ですが、世界の歴史を見てもとても考えられないような内容です。

政党、マスメディアといったところを味方につけて、一致団結して国の窮地を救おうとする姿勢は簡単にできるものではありません。

実際に、現在もまだ落ち着くことはありませんがコロナ禍は続いています。

世界各国がロックダウンしたような事実はこれまでにも例を見ませんが、コロナ禍に実際に日本で行われていたことは何があったかと言えば、政党やマスメディアが協力していたでしょうか?

ルーズベルトの実話は、マスターマインドを国レベルで発揮することで困難を乗り切った良い例です。

そして、これらの話を私たち個人レベルに置き換えるとしたらどうでしょうか。

この記事をお読みの方の身の回りにいる、どんなことでも常にあなたの意見に対して反対してくる人、またあなたのことを面白おかしく批評してくる人達を協力者に変えることは出来ますか?

実際に上記のような人を味方に変える必要があるかはまた別問題ですが、これまでの人類の歴史では実際にそれを成し遂げて困難を乗り越えた人も実在するのです。

それであれば、あなたも今すぐに無理だと決めつけずに、協調が得られるかどうかを試すべきです。

もし協調が得られないのであれば、秩序がないのか、目標やその達成計画が明確でないのか、努力が足りていないのかのいづれかです。

協調が得られない際には、その原因を相手に尋ねれば教えてくれますので、修正していくことが大切です。

自分の周りにどれだけ人がいるかで、成果が大きく左右する

旅行する女性たち

マスターマインドがいることは成否を大きく左右する要因になりますが、マスターマインド以外にも協力者や意見をくれる人がいるかいないかはとても大きな要素です。

実際に先程例に上げたように、協力してくれない人でも何故強力に至らないのかの意見をもらうことが出来ます。

人は一人でも生きていくことは出来ますし、もちろん独力のみで成功することも可能ですが、どう考えても周りに一人でも多くの人がいた方が、成功のスピードも早く、成功確率も上がります。

現在自分の周りには一体何人の協力者がいるのかを整理して考え、どうしたら今よりもっと協力者を増やすことが出来るのかを考え、実行していきましょう。

まとめ
  • 成功するために必要な要素の、協調が得られるかどうかと秩序が在るかに目を向けよう
  • 恐怖を信念に変えることは、協力を得る絶好の機会となる
  • 自分の周りにいる人が協調してくれるかどうかは、現在の自分の在り方次第