潜在意識と無限の叡智を活用する重要性|ナポレオン・ヒルの成功哲学

繋がる様子

潜在意識や無限の叡智という言葉は、どうしても無形のものですので胡散臭く聞こえがちです。

しかし、潜在意識も無限の叡智も実際に存在し、その存在を研究して発表された論文も多数あり、また日常生活においても誰もが意図せずして使えているケースもたくさん存在します。

この記事では、よく聞く潜在意識や無限の叡智というものについて、どのようにしたら活用できるのかについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

潜在意識の先にある無限の叡智の存在

暗闇の中の光

潜在意識が、さらにその彼方に広がる無限の叡智へ続く唯一の扉であると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では説かれています。

無限の叡智と聞くと、急に宗教的なお話に聞こえてしまうかもしれませんが、一般的に分かりやすい例えで置き換えるのであれば、火事場の馬鹿力とお考えて頂いても結構です。

火事場の馬鹿力とは、切迫したり死に直面したり、緊急を要する事態に見舞われた時に思わぬ力を発揮することを表現される言葉ですが、案外他人事に思われるようなこの言葉も、実は大なり小なりはあっても気付かぬうちに活用して、急場を凌いでいることは多々あるものです。

例えば何日までに契約を取らなけければならない、今月までに幾ら用意しないといけない、想定外のトラブルを乗り切らないといけない、など今までの自分自身であれば無理だったのも関わらず、何とかなったケースというのは無限に存在します。

今までの自分には到底無理だったのに関わらず、何とか出来てしまった影には、この無限の叡智の存在があります。

そこへ近づくためには、はっきりとした願望や目標に基づく信念が必要です。

ナポレオン・ヒルの成功哲学が全世界に普及して今日に至るまでに、潜在意識が無限の叡智へ通じる扉であるとの考えを支持する、たくさんの研究や理論が発表されています。

潜在意識は、顕在意識、潜在意識、無限の叡智という関係の中で、顕在意識と無限の叡智を橋渡しし、その中間に立って通訳の働きをしているのです。

また視点を移して考えれば、無限の叡智から発せられた光が潜在意識を通過して、ひらめきや直感と呼ばれるような作用を起こして、私達の意識へと伝達されるわけです。

この事実を証明するために、次の項目では偉業を成し遂げた幾人かの有名な人物について、その実例を挙げてみることにしましょう。

潜在い意識と無限の叡智を活用した実例

これから挙げる実例に登場する彼らは、目覚めて活動している間に自分の問題を潜在意識に植えつけ、眠っている間や、朝目覚めた直後にその収穫を刈り入れることを行っていました。

このように表現すると「そんな絵空事のようなことが起こるはずがない」と思われるかもしれませんが、私自身もナポレオン・ヒルの成功哲学を学んでから、このノウハウを実際に活用して成果を得ています。

そして、このノウハウのポイントと注意点についても後述していますので、少しお付き合いください。

まず一人目の登場人物は、ロバート・ルトルノーです。

彼は大型土木機械の製造と、福音の伝導に従事しています。

彼の趣味は宗教を説いて国中を飛び回ることですが、彼の特技は、眠っている間に問題が解決されるように、潜在意識を活用することです。

ある晩、彼は飛行機に乗るとすぐに、リクライニングシートにもたれて一眠りし始めました。

そして、20分と経たないうちに、片腕を上げ、内ポケットから小さなノートと鉛筆を取り出して、何かを書き込み、再び眠り込んでしまいました。

フライト中に彼は2回、20~30分の間隔を置いて同じことを繰り返しました。

しかし、ノートに書き込んでいるとき、彼は完全には目覚めておらず、メモを取っていることを尋ねられても、そんなことは知らないと否定するのでした。

そこで彼に尋ねた人がそのノートを見るように彼に言うと、驚いたことに、ここしばらく頭を悩ませていた問題の解決策がノートに書かれていました。

彼は会社の同僚が特殊な機械の製作上の難問にぶつかり困っていたので、それを彼が引き継いだことを説明しました。

そして彼は自分の持っている全ての知識に顕在意識を集中し、その上で問題を潜在意識に委ねたのです。

潜在意識は、それ自身が持っている知識や知恵、および無限の力、与えられた知識や知恵によって意識の欠如を補い、彼が眠っている間に正解を用意したのです。

トーマス・エジソンが潜在意識を活用するために、わずかな睡眠と徹夜の後に取るリラックスを利用し、数々の発明を成し遂げたというのも有名な話です。

彼が発明に取り組んでいたときは、顕在意識と潜在意識を交互に働かせる方法をとっていました。

この話のポイントは、「じゃあ私も今すぐにこれを見習ってやってみよう!」といって同じ効果が得られるものではない点です。

私自身も実際に活用している内容なので、このノウハウについて深くお話をすることが出来ますが、始めるにあたって以下の前提条件が存在します。

  • 明確な目標を正しく持てていること
  • 信念が正しく備わっていること
  • 潜在意識をきちんとコントロールできていること
  • 積極的心構えが形成されていること
  • 習慣形成力が備わっていること

少なくとも上記の5つは持ち合わせていないと、やっても意味がない、何も起きない、まともなアイデアなど出て来ない、といった絵空事に終わってしまいます。

続いて、潜在意識と無限の叡智を活用するにあたり、もっとも重要な心構えについて詳しく解説していきます。

潜在意識と無限の叡智を活用するために必要なこと

付箋と虫眼鏡

事前に計画され、かつ慎重に検討された目的をもって、顕在意識、潜在意識、無限の叡智の関係を意図的に活用した、ルトルノーとエジソンの方法の中に私達が求めるものの核心があります。

そして彼らにできることは、この記事をお読みの方にもできるのです。

今、意識しているあなたの背後、あるいは中には、潜在意識、無限の叡智というもう1人のあなたが存在しています。

「そんなわけないだろう」と思われた方は、これまでの人生で心の声が聞こえたことはありませんか?

  • そんなことできるの?と疑問の心の声がする
  • あなたには無理だよ…と自分を否定する声がする
  • 無理な負荷が掛かるようなことを取り組もうとすると、心がブレーキを掛けて「うっ…」と止まる

上記のような自分の中で起こる葛藤はすべて、もう一人の自分があなたに対立して引き起こしているものです。

人によっては自分を支えてくれたり、協力してくれたり、助けてくれる存在です。

またある人によっては常に反論してきたり、ネガティブな事を言ったり、足を引っ張ってくる存在です。

この人によって変わる存在こそが、潜在意識、無限の叡智というもう一人の自分自身なのです。

この偉大な存在を、敵対者ではなく協力者にしなければなりません。

人生に何かを望むと、あなたは必ずそれを獲得することができると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

また、社会に大きな貢献をしている人々の中には、肉体的なハンディキャップを負いながら生産的で実り豊かな人生を送っている成功者がたくさんおります。

どうしても好きになれないものや、境遇や環境の面で取り除くことのできない障害がある場合には、私達自身の心構えを変えることで問題に対処するべきです。

何が起きようとも、コントロールされた心構えによって、どのような問題でも克服することができます。

そして願望や目標の明確化のノウハウを十分に理解し、その活用方法を身につければ、あなたは不必要なものから解放され、真に望むものだけを手に入れることもできるのです。

心の中をアイディアや願望や目標で満たし、力強い信念の元でそれらを潜在意識に譲り渡すことが、成功への鍵となるのです。

潜在意識の特徴は、深層自己説得に対して敏感であるということです。

あなたが人生において願望や目標を持ったとき、人生で何を求めるか、何をしたいのか、何になりたいのかを、潜在意識の中に定式化したとき、その願望や目標を基本的な感情で表現すれば、それが深層自己説得となって、あなたの願望や目標を潜在意識へ引き渡すことができます。

そして潜在意識の支配下に入った願望や目標は、そこで大きな力を与えられ、願望や目標の実現を可能にするのです。

顕在意識の中で一貫して保持された激しい欲求は、暗示を受けて反応する潜在意識の能力ゆえに、必然的に行動を開始します。

ですので、燃えるような激しい欲求や、熱烈な信念を持つことが極めて大切になるのです。

潜在意識の中で自発的な行動を起こさせるのは、あなたの心構えの状態です。

いつもあなたの心を目標に向けて燃え立たせることは、潜在意識の偉大な力を引き出すための最高の条件だからです。

もう一人の自分を、最良の協力者へと変えて成果へ繋げる

笑顔のビジネスウーマン

自分の一番身近にいる存在は、家族でも配偶者でもなく、もう一人の自分自身です。

もう一人の自分自身は、生まれてから今日に至るまで常に一緒におり、そしてこれからの人生でも24時間常に一緒にいる存在です。

このもう一人の自分自身である、潜在意識とその先にある無限の叡智を活用するためには、まずはこの存在を敵対者から協力者に変えなければなりません。

この状況を分かりやすく例えるなら、24時間常に批判、反論してくるような存在がいるのと、24時間常に協力、議論できるような存在がいることで想像したら、非常に分かりやすいですよね。

もう一人の自分を協力者に変えるメリットを最大限に活かすために、心構えを構築して成果へと繋げていきましょう。

まとめ
  • 潜在意識が無限の叡智へと繋がることが出来る唯一の扉
  • 潜在意識と無限の叡智を活用できるかどうかは、現在の心構えによって決まる
  • 自分の最大のパートナーは、もう一人の自分自身