ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」の全文と次に必要なものを解説

はなまる

皆さん誰もが小さい時に行った遊びで、伝言ゲームというものはご存知ですよね。

人伝、口伝てといったものが、いかに情報が変化して伝わるものなのかというのが、この名言一つでもハッキリと分かります。

いきなり何を言い出したのかと思われるかもしれませんが、皆さんが読みたい記事の内容にも沿い、かつ成果へと繋げるための真意にも繋がる内容にもなりますので、冒頭部分の少しだけお付き合い下さい。

この記事に辿り着いた皆さんの検索文言はおそらく

  • ナポレオン・ヒル 名言 私はできる
  • ナポレオン・ヒル 名言 信念

この上記の2つが多いことでしょう。

しかし、ナポレオン・ヒルの成功哲学を20年学んでいる専門家から言わせて頂きますと、皆さんが求めている名言全文のお題目は、正しくは「挑戦」なのです。

確かに皆さんが知りたいナポレオン・ヒルの名言「私はできる」は、ナポレオン・ヒル・プログラムでは信念のセッションにあり、全文の中にも「私はできる」という文言も含まれています。

しかし、このナポレオン・ヒルの名言も、「私はできる」と捉えるのか「信念」捉えるのか「挑戦」と捉えるのかで、意味合いは全く変わってきます。

人によっては揚げ足取りのように思われるかもしれませんが、初めのこの小さな1度のズレが、後々大きな差となって現れてくるのです。

この記事では、この小さなズレが生み出す勘違いや、学んでもなぜ成果に繋がらないのかについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家が、ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」(具体的には「挑戦」が正しいのですが、世の中では「私はできる」という言葉でも広まっていますので、この記事では「私はできる」で統一します)を引用しながら、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」の全文

英語の本のページ

皆さんが検索をかけて知りたかった、ナポレオン・ヒルの名言で「私はできる」とされている内容の全文は、以下になります。

もし、あなたが負けると考えるなら、あなたは負ける。

もし、あなたがもうダメだと考えるなら、あなたはダメになる。

もし、あなたが勝ちたいと思う心の片隅で、無理だと考えるなら、あなたは絶対に勝てない。

もし、あなたが失敗すると考えるなら、あなたは失敗する。

世の中を見てみろ、最後まで成功を願い続けた人だけが成功しているではないか。

全ては「人の心」が決めるのだ。

もし、あなたが勝てると考えるなら、あなたは勝つ。

向上したい、自信を持ちたいと、もしあなたが願うなら、あなたはその通りの人になる。

強い人が勝つとも限らない。

すばしこい人が勝つとも限らない。

私はできる、そう考えている人が、結局は勝つのだ。

ナポレオン・ヒル

この名言がどのような人に支持されていて、他人事に感じてしまう人も実は日常生活でも活用していたり、また、誰の名言やアドバイスを信じて良いのか迷っている人や悩んでいる人が、何を基準に判断したら良いのか?と気になっている方は、この記事よりも先に以下の記事をお読みになられると、より参考になります。

それでは早速この記事での本題に入りますが、このナポレオン・ヒルの名言「私はできる」とは、決して精神論や根性論ではありません。

とてもシンプルで補足の必要もないこの名言なのですが、問題は読み手や受け取り手が、現在何に着眼しているか?という、頻度錯誤によって変わるということです。

頻度錯誤とは

人は何かを気にすると、その気にしたものに関連する情報が入るたびに、敏感に反応する認知バイアスで、結果的に頻度が上昇した!と誤認する状態のことを言います。

違う表現として、造語でカラーバス効果とも表現されます。

例)毎日オフィスの窓から見ている何気ない風景でも、昨晩から目に関して気にしている時には、普段気になってもいなかった眼科や目のサプリの看板などの情報に敏感になる、など。

要は、このナポレオン・ヒルの名言「私はできる」を読む時の精神状態によって、捉え方が変わるということです。例えば下記のようになります。

  • 決断力が無いことに悩んでいる人なら、決断することを迫られているように感じる
  • 行動できない人からしたら、動け!と言われているように捉える

しかし、この名言は先程も申し上げた通りで、どこまでもシンプルなものでしかないのです。

シンプルなものをどこまでも勝手に複雑にするのは、地球上でも人間だけが行う、いわば専売特許のようなものです。

このナポレオン・ヒルの名言「私はできる」では、心構えを変えなさい、としか言っていないのです。

それでは次に、頻度錯誤の壁を超えた先で、一体何をしなければならないのかについて、詳しく解説していきます。

「私はできる」の名言で感化された後に何を行うかで成果は分岐する

ビフォーとアフターと書かれたパズルのピース

ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」を読んだ後は、人によって様々な状態に変わります。

具体的には、気分が高揚した人、今までの自分を反省した人、改善の糸口を見つけた人、結局何が問題なのか分からなくて悩む人、などです。

これが「成功哲学を学んでも、成果が出るかは万人共通ではないから意味ない」と言われる所以でもあります。

しかし、何度も申し上げている通り、法則も名言もどこまでもシンプルなものです。

すべては人の頻度錯誤でしかありません。

つまり、ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」に関して言うのであれば、シンプルに心構えを変えないといけないのに、頻度錯誤によって違うアクションを起こしてしまえば、うまくいかない、結果が変わらないのは当然のことなのです。

次に、上記の典型的な例を上げて解説していきます。

「私はできる」の名言は「だから動けば成果出る!」ではない

ノットイコールの記号

ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」を読んで、一番典型的な誤った例は「行動すること」です。

おそらくこの記事をお読みの方でも、大半の方が名言を見た後に、この「行動すること」というアクションを起こして、そして失敗している方が多いはずです。

先程の頻度錯誤でも説明しましたが、このナポレオン・ヒルの名言は、行動できない人や、後押しが欲しい人への助言ではありません。

ですので、「よしやるぞ!」=「アクションするぞ!」ではないのです。

この部分を勘違いしてしまうと、記事の冒頭にも書きましたが、初めの小さな1度のズレが生じてしまいます。

これは日常生活で分かりやすく例えるなら

  • 受験する時に「よしやるぞ!」=「受験するぞ!」
  • 料理を作る時に「よしやるぞ!」=「作るぞ!」
  • 車を運転したい人が「よしやるぞ!」=「運転するぞ!」

と言っているようなものです。

どれも上手くいかないのは、周知の事実ですよね。

  • 受験して合格したいのであれば、受験をするのではなくて受験勉強をする
  • 料理を作りたいのであれば、いきなり作るのではなくレシピを学ぶ
  • 車の運転に関しては、そもそも免許が必要ですから、免許取得のための勉強をする

これらはすべて、誰が考えても当たり前の事実です。

車の運転に関しては、そもそも無免許運転は犯罪ですので論外ですが、どれも事前準備なしに始めては、失敗することは明らかです。

しかしなぜか、成果が出なくて悩んでいる人ほど、この事実から外れてしまった「行動」というアクションを起こしてしまい、失敗してしまうのです。

それでは最後に、ナポレオン・ヒルの名言「私はできる」を学んだ後に、何をしないといけないのかについて解説していきます。

「私はできる」の名言を学んだ後に成果を出すために必要なこと

微笑む女性

結論から申し上げますと、ナポレオン・ヒルの名言の「私はできる」を学んだ後に、行わなければならないこととは、誰にでも当てはまるように表現すると「準備」です。

この記事をお読みの方でも、皆さん一人一人によって状況が異なりますので、「何の準備」をするかは人によって異なります。

心構えの準備をしないといけない方、目標を立てる準備をしないといけない方、具体的な計画の準備をしないといけない方、パートナーを作る準備をしないといけない方、自信を持つ準備をしないといけない方、集中力を身につける準備をしないといけない方など、人によって現在の不足しているものは異なりますので、現状に合わせた準備を正しく行わないといけません。

分かりやすく例えるなら、受験勉強には終わり(完璧)はないと同じで、その準備が完璧にならないまでも、自分でもかなりの高確率で成功できると確信できるだけの納得できる準備をしないと、アクションを起こしても期待通りの成果になることはないのです。

この準備が整ったからこそ、行動へ移した時に、今まで失敗していたものも、成功へと変換することが可能になります。

自分にとって都合の良い解釈から抜け出し、成果へと繋げるためにも、しっかりと準備を行って心構えから変えていきましょう。

まとめ
  • 「私はできる」の名言はシンプルに捉え、心構えをしっかりと構築する
  • 日常生活に置き換えて、おかしなことしていないかチェックしてみよう
  • 「私はできる」の真意を勘違いせず、正しい準備を行う