【思考は現実化する】解説|大自然の法則と魔法のヤカン|ナポレオンヒルの成功哲学

今回の「思考は現実化する」の読み解き&解説内容は、大自然が持つエネルギーの法則、想像力が魔法のヤカンを巨富に変えたエピソードについてです。

私達は、生きていくことが命懸けではない時代にいるため、自分が持っているエネルギーというものを、あまり意識することなく生活しています。

これは「エネルギー」だと少し話が見えないかもしれませんので「情熱」という言葉に置き換えれば、より分かりやすくなるでしょう。

人間の誰もが持っている情熱というものを、自分の思考や想像力へと使うことができるようになれば、願望や目標を達成するための力にすることが可能です。

・アイデアを考えることに情熱的になれない
・願望を実現させられるだけのアイデアが欲しい

こうした想いを抱えて、想像力の活用方法に悩んでいる人も多いので、今回の「思考は現実化する」の解説内容では

・大自然も使っているエネルギーの法則
・想像力に全財産を賭け巨富を得た実話

これらについて、名著「思考は現実化する」の内容を読み解きながら、ナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家が、一つ一つ詳しく解説していきます。

こちらの内容に関しては、私達リアライズのYouTubeチャンネルでも聴く動画として上げています。

記事を読むよりも動画で聴いて学びたい方は、下部のリンクから動画を活用してみて下さい。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、現在の月間セールス日本一の記録も保有しています。

すべて正規に版権を取得しており、自社取扱いプログラムともなっている

  • ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖。「思考は現実化する」など成功法則を体系化)
  • ジョセフ・マーフィー(潜在意識の法則)
  • マクスウェル・マルツ(サイコ-サイバネティクス理論)
  • ジグ・ジグラー(自己イメージ改造理論)
  • ブライアン・トレーシー(営業の神様)
  • デール・カーネギー(道は開ける・人を動かす)
  • ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則ブームのきっかけとなった、ザ・シークレットの賢人エイブラハム)

これらすべてのプログラムを所有、実践し、プログラムユーザーへレクチャーしています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成と、プログラムユーザーのフォローサポートも担当しています。

~主な取扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

大自然の法則

あなた自身を含めて、地球上に存在するすべての生命は、顕微鏡的な小さな物質が規則的に組み合わせられ、進化してきました。

さらに重要なことは、この地球を構成している数億の原子、我々の肉体を構成している数億の細胞の一つひとつが、それぞれエネルギーを持っているという事実です。

願望とは思考の閃きです。この閃きもエネルギーを持っています。

あなたが富を得るために、願望という思考の閃きを使うとき、自然が地球や宇宙のすべてを作るときに使ったときと、同じエネルギーをあなたは使うことになります。

あなたは、大自然の法則を活用することによって、初めて富を築くことができますが、そのためにはこの大自然の法則について、十分知っておかなければなりません。

また、その使い方を知らなければなりません。そこで、私はある実例を通じて、この大自然の法則を解明しようと思います。

不可思議で神業としか思えない出来事を、私たちはただ「不思議なことだ」としか考えないのですが、しかしそれは理解し得ないものではありません。

実は、大自然の法則はこの秘密を、あらゆるところで解明してくれているのです。

この地球や、星や惑星や植物の葉など、我々が目にすることのできるものすべてを通じて、その働きを教えてくれています。

これから述べる話は、あなたが想像力の働きを解明するために役立つことになるでしょう。

とりあえず、一回目を読み終えて理解したまま吸収して下さい。それから、もう一度読んで、この成功哲学の真の意味を発見して頂きたいのです。

そして、少なくとも三回読み終わるまではその試みを止めないで下さい。三回読み終われば、あなたはもう止めることをしなくなるでしょう。

財産づくりの出発点はアイデアです。そして、アイデアは想像力によって生み出されます。想像力がもたらしたアイデアによって、巨富を築いた実例を紹介しましょう。

これらは、成功するためにはどのように想像力を使っていけば良いかを示す、好例となるでしょう。

ここまでで学ぶこと

これまでの人生の中で、自分の好きなことや興味のあることについて、熱心に取り組む時、自分の内側からエネルギーを情熱として感じた経験は持っているでしょう。

こうした自分の内側から発することができるエネルギーを、望むべき願望や思考に向けて使うことができれば、これまでとは全く異なる結果を得ることができます。

現在、うまくいかなくて悩んでいる人や、目標に対して計画を立てているけど進まない人、アイデアが実らない人に向けて、一つパラダイムシフトを起こしましょう。

まずは、自分の願望や目標というものの価値を、可能な限り正確に測ってみて下さい。それは詳細な表現でも良いですし、金額でも結構です。

なぜなら、これを測って知ることで、世の中に数多く在る法則を組み合わせれば、自然と自分のやるべきことが明らかになってくるからです。

例えば、あなたの願望や目標というものは、どのくらいの価値があるものでしたか?何億円くらい?非常に稀有で、貴重な手に入りにくいほど価値が高いものでしたか?

それでは次に、誰もが知っている代価と報酬の法則について考えてみましょう。これは、報酬を得たいなら、それに応じた同等の代価が必要になるというものです。

つまり、あなたの願望や目標を達成させたいなら、願望や目標の価値に自分の思考やアイデアというものの価値を、釣り合わせる必要があるということです。

例えば、世の中というものは手に入れにくいものや、なかなか手に入らないもの、とても手間が掛かるものには、非常に高い価値がつきます。

実際に、宝石などはその最たる例ですが、これをビジネスシーンに置き換えれば、多くの人たちのニーズを満たす貴重なアイデアにも、高い価値がつきますよね。

なぜ、高い価値が付くかというと、それが富を生み出すのが明確であるからです。ということは、願望と同等の価値が在る思考やアイデアを生み出す必要があります。

もし、あなたの考えたアイデアが巷によくあるものであれば、よほどユーザーの痒いところに手が届くものでなければ、願望や目標にまで手が届くことはありません。

あるいは、誰もが面倒でやりたがらないレベルや、誰もができることを誰もできないまでに磨き上げた技術などであれば、競技シーンでも高い価値がつきます。

うまくいかない人の多くは、願望や目標の価値に釣り合わないアイデアで、何とかしようと必死になっています。

まずは、自分の願望の価値を知り、そして現在の自分のアイデアや、思考の価値がどのくらいなのかを測ってみましょう。

こうして思考と想像力を磨き上げていくと、徐々にその価値が上がることで、上がった価値に応じた閃きというものが生まれるようになります。

それでは続いて、想像力がもたらしたアイデアで巨富を得た実話について「思考は現実化する」の内容を読み解いていきましょう。

魔法のヤカン

1887年のこと、ジョージア州に住む、年老いた薬剤師で医者を兼ねていたジョン・ペンバートンが、馬車でアトランタへやってきました。

彼は馬車を停めると、裏口から薬屋にこっそりと入っていきました。

そして、居合わせた店員と一時間以上に渡って、カウンターの陰で小声で話し合っていました。やっと話し終わると、薬剤師は立ち上がって馬車に戻りました。

すると、古びたヤカンと大きな木のパドル(かきまわし棒)を取って再び店に入り、その二つの品を店員に渡しました。

店員はそのヤカンを克明に調べてから、ポケットから札束を取り出して、薬剤師に手渡しました。

その札束はちょうど1750ドルで、そのとき36歳になる店員の全財産でした。それから薬剤師は、ある秘密の公式を書いたメモを店員に渡しました。

そのメモに書かれた公式は「王様の身代金」にも匹敵する程の価値があるものでしたが、この薬剤師にとっては何の意味もなかったのです。

その公式は、ヤカンの水を沸かすのに必要なものでした。

薬剤師も店員も、その沸かしたヤカンの湯から、一体どれほど巨大な富が生み出されるのか、そのときは見当もつかなかったのです。

年老いた薬剤師は、古びたヤカンと棒とメモが、1750ドルで売れたことに大喜びでした。店員は貯金の全てをはたいたことで、大きな賭けをしたことになります。

しかし、その時はまさかこの古びたヤカンが、伝説上のアラジンのランプも及びもつかないほどの黄金を生んでくれようとは、夢にも思わなかったのです。

その店員が買ったのは、一つのアイデアでした。古いヤカンと木の棒、それにメモの内容は偶然の組み合わせに過ぎないものでした。

そのヤカンが、不思議な力を発揮し始めたのは、店員がある秘密の要素を混ぜ合わせたことからです。その秘密の要素は、薬剤師でさえも考えつかなかったものでした。

そのヤカンから黄金を溢れさせたもの、つまり店員が混ぜた秘密の要素とは、いったい何だったのか、あなたはお分かりになるでしょうか?

そこで、このアイデアが生み出した、そこいらの小説よりも面白い事実を紹介することにしましょう。

まず、このアイデアがどれほどの富をもたらしたかについて、見てみることにしましょう。

このヤカンの中身を売ることによって、このアイデアは、そこで働く世界中の何百万人もの人々に、莫大な給料を支払い続けています。

また、このヤカンの中身は、莫大な量の砂糖を消費しています。

そのため、サトウキビの栽培や砂糖の精製、販売に携わっている大勢の人々にも仕事を与えることになりました。

また、このヤカンは年間何億本ものガラス瓶を使っているので、ガラス加工に従事している人々の雇用を確保していることにもなります。それだけではありません。

この古いヤカンは多くの店員、タイピストを雇い、コピーライターに仕事を提供し、これを美しい絵に仕上げたアーティストにも、名誉と富をもたらしました。

この古いヤカンのおかげで、ジョージア州アトランタは、南部随一のビジネス都市に発展しました。この町の人々は直接、間接的に大きな恩恵を受けているのです。

このアイデアによって、世界中の文明都市に利益がもたらされ、関係する人々に絶え間なく黄金を与え続けているのです。

さらにまた、ヤカンから溢れ出る黄金によって、南部一の大学が開設され、毎年何千人もの若者が、そこで成功のための訓練を受けることができるようになりました。

もし、この真鍮製のヤカンが言葉を話すことができたら、世界中の言語で、スリルに満ちた話をしてくれることでしょう。

ラブロマンスから事業成功の話、第一線で働いている人たちの話などです。私も一つは、そういった話を知っています。というのは、私自身も関係していたからです。

私が、妻と初めて出会った場所は、あの店員が古いヤカンを買った場所の近くでしたし、彼女はその魔法のヤカンの話を私にしてくれました。

そして、私が彼女にプロポーズしたとき、私たちが飲んでいたのはそのヤカンの中身だったのです。ここで、少し考えてみましょう。

あなたがどんな人であろうとも、どこに住んでいても、これから「コカ・コーラ」という文字を見る機会があったら、次のことを思い出してみて下さい。

ヤカンを買った若い店員のエイサ・キャンドラーが、あのメモに書かれていた公式通りに混ぜ合わせたのは「想像力」だったということです。

この本に書かれている成功哲学の各ステップこそが、コカ・コーラをあらゆる町や村や世界中の街角に普及させる原動力となったのです。

だからこそ、あなたもこの成功哲学を身につければ、コカ・コーラと同じような記録の達成も可能なのです。

ここまでで学ぶこと

これは、ペンバートンが薬用酒として売り出した製品を、炭酸水のシロップへと変えてコカ・コーラへ発展した実話です。

元々は、ペンバートンが戦争の負傷兵としてモルヒネ中毒にも侵されていたため、薬物依存症の治療のために、コカインの成分を使った薬用酒の開発がスタートです。

よく「コーラは危ない薬が入っている」という噂が立つのも、ペンバートンが薬用酒として売り出した製品に、コカインとコーラの成分が入っていたのがきっかけです。

もちろん、現代においてはその成分は既に使われていないことでしょう。

最終的に、コカ・コーラの権利を手にしたエイサ・キャンドラーは、その後ペンバートンの息子と共に、コカ・コーラ・カンパニーを設立します。

エイサ・キャンドラーが、ペンバートンの時から類似品が多かったこの製品の何に目をつけたのかと言えば、それは自分の想像力に任せた先見の明です。

それは、エイサ・キャンドラーが設立してから試行錯誤の末に辿り着いたものではなく、最初の時点で当時の1000万円程度の全財産を掛けたことからも明確でしょう。

そして、1980年代にコカ・コーラ社元最高経営責任者のドナルド・キーオは、新しいコーラを生み出し不評を買いましたが、それを上回るだけの成果を挙げました。

その結果、ドナルド・キーオはナポレオン・ヒル・ゴールド・メダリストとして、その実績を表彰されている人物でもあります。

ここで、夢のような話から現実に話を戻しますが、現在のあなたが持っているアイデアや思考に、自分の全財産1000万円を投資することはできるでしょうか?

世の中の店舗オーナーや創業者達は、誰もがこの一線を越えて挑戦しています。実際に、お店も会社も興そうと思えばこれくらいの資金は最低でも必要なものです。

アイデアの価値を図るというのはこういうことです。実際に自分が1000万円をつぎ込むとしたら、それ以上の回収がないとGOサインなど出しませんよね。

ですので、成功を志すのであれば、思考や想像力というものを常日頃から磨き上げて、価値を持った閃きを生み出せるようにしておきましょう。