目標や願望の達成計画に関する重要事項|ナポレオン・ヒルの成功哲学

口の前でバツ印

これまでに参加したセミナーやコンサルティング、コーチングなどを受けた際に

「目標や願望を声に出して発表・周囲と共有しよう!」

といったことを行ったことはありますか?

もしこのようなことを行ったことがある場合は、今すぐにその環境から離れることをお薦めします。

この記事では、何故そうした方が良いのかについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学に基づきながら、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

明確な目標や願望の達成計画に、機密性を持たせる

ノートと鍵

明確な目標や願望を持ち、その達成計画を作成する上で一つ注意しないといけないことがあります。

それは、あなたの願望や目標を達成させるための計画は、極秘にしておくということであると、ナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

あなたの人生の師や心を一つにできる友人、知人を除いては、願望や目標とその計画は、あなた自身の胸の内に秘めておいて下さい。

巷の謎のコンサルティングやコーチング、またカルト集団や詐欺集団が行うような自己啓発セミナーでは、やたらと目標や願望を大声にして読み上げたり、とにかく周囲に話して回るようなことをさせたりしています。

つまり、1世紀に渡り存続して実績があるナポレオン・ヒルの成功哲学とは、全く真逆のことを行っていることになります。

私はこの行為に全く意味がないと提唱しているのですが、その理由がこれからお話する内容になります。

明確な目標や願望の達成計画に機密性を持たせる理由

明確な目標や願望の達成計画に機密性を持たせる理由は、まず第一にあなたの願望や目標に無関心な人々に対して話をすることは、それらの願望や目標をなし崩しにすることと同意だからである、とナポレオンヒルの成功哲学では説かれています。

汽笛を鳴らす蒸気は、決して機関車を動かしはしないということを肝に銘じておいて下さい。

さらに例えるなら、火にかけて沸騰しているヤカンを見ると、シューシューと音を立てて蒸気を発散しています。

しかし、蒸気の出口を塞いでしまえばどうなるかというと、内部にはすぐにエネルギーが充満し、いずれはヤカンをバラバラに吹き飛ばすほどの膨大な力が生じるのです。

これは、自己を突き動かすには十分な動機であり、こちらのベクトルを間違えた典型的な例が、憎悪や怨恨による殺人事件や犯罪です。

犯罪者となる前の彼らは、常に自分の中に恨みや憎しみの感情を募り続ける余り、気付けば爆発して抑えることが出来ず、後先顧みることすら忘れてしまい、犯罪行為に及んでいるのです。

この記事をお読みの方の場合は、同じように成功したい感情のエネルギーを、成功へと向ければ良いだけなのです。

ですので、あなたも余計なお喋りでエネルギーを発散させてはいけません。

あなたの願望やその達成計画に機密性を持たせる第二の理由は、もしあなたの計画があなたに敵意を持つ人の手に渡れば、それは敵の手に武器を委ねることになるからです。

あなたに嫉妬や妬み、悪意や憎しみを持つ人々は、あなたを笑いものにする機会を意図せずして貰えたことになります。

自らを犠牲にして、そのような人々を楽しませてはいけません。

敵は決して少なくはありません。

時には、あなたの肉親が計画を台無しにすることさえあるのです。

世の中には、他人の足を引っ張ることだけを楽しみにし、自分で何一つ良いことをしようとしない人もいます。

しかも、彼らは悪人とは限りません。

自分が平凡な人生を送っているので、他人も自分と同じ世界に留まらせておくことを当然のように考えているのです。

何しろ平凡な世界は、ぬるま湯なのです。

そこでぬるま湯から出ようとする人間に「おーい、君は一体何を馬鹿なことをやっているんだ」と世話を焼くのです。

もし彼らがあなたの進む道を知れば、罠すら仕掛けるかもしれません。

実際にそういう実例も多いのです。

だからこそ、明確な目標や願望、その達成計画に関してはできるだけ秘密にしておくのです。

達成計画まで完成したら潜在意識へと落とし込む

砂時計と水晶

明確な目標や願望とその実現計画をできるだけ多く、現実的な形で顕在意識で作成し、完成したらそれを潜在意識に刻みつけることで、設定された目標は達成へと進んでいくと、ナポレオン・ヒルの成功哲学では語られています。

目標や願望は、望むことだけを頭に入れ、不必要なものは遠ざけることです。

「そんなことは当たり前にやっている」という人ほど、他のものに目移りしたり、不要なことに時間を割いたり、何かと理由をつけてサボったり、やらなければならないことを先延ばしにしたりしています。

このような人の多くは、口では「絶対に達成するんだ!」と息巻いていても、潜在意識では「そんな目標達成できるわけない」という気持ちの方が強い潜在意識がネガティブな状態であるか、目標達成のための計画に穴があるのに気付いているのに修正せずに放置しているか、目標を曖昧なまま設定することを放棄しているのかの、いずれかのパターンがほとんどです。

これらの状況を分かりやすく例えるなら、現在いる場所から500km離れた指定された場所に、今から3時間以内に到着することができれば、その報酬として最初に到着した人に1億円差し上げます、この話をあなたが周囲に話した場合、あなたの周りの人も同じ権利を得ます、という提案がされた場合のことを想像してみて下さい。

まず何から始めるかと言えば、この報酬の1億円を手に入れるために、他のすべての情報はシャットアウトするでしょう。

そして、この報酬を手に入れるために必要な条件を満たす手段を考案し、その中でも一番確実な手段を選択し、他のすべてのことを放棄して、最優先で今すぐに行動に移すはずです。

間違っても行動に移す前に、テレビを見たり、漫画を呼んだり、他の何かを優先して行うようなことはしないはずです。

このように、きちんと目標が明確になっていて、その計画がしっかりと立てられおり、確実に手に入ることが分かりきっていれば、余計なことには目もくれず、最優先でその目標に向かって突き進むのです。

この記事の重要性については、ジョン・ラスキンの言葉以上に適切なものはありません。

探し求めずして、真実を知ることはできない。

それは教壇の上から解かれることもなく、記事として書かれることもなく、手軽な書物の中に見出されることもない。

真実はただ人が独力で探し求め、殻を割って、その中から見出すものだ。

その時必要な援助は求めて良いが、自分自身の厳しい努力がなくてはならない。

あなたが今、身につけようとしているノウハウは、ナポレオン・ヒル財団が1世紀に渡る歴史の中で、偉業を成し遂げた人々を追跡し、その成功の秘密を調査し、分析した世界で最も権威があり、かつ歴史と実績のある成功哲学です。

その成果をしっかりと握りしめ、新たな目標や成功のために活用する決断をするのは、他の誰でもないあなた自身なのです。

明確な目標や願望に機密性を持たせることで、成果へと繋げる

オフィス街と笑顔の女性

むやみやたらと目標や達成計画を話すことで、失われるものについてまとめました。

これまでお話したように、機密性を持たせないことはデメリットはあってもメリットはありません。

もう一度、先程の1億円の報酬の例えを思い出してください。

「これやったら1億円貰えるんだ!」とエネルギーを無駄に放出し、「こうしたら1億円貰えるんだ!」と敵を作り出す行為は絶対にしないはずです。

その時には、誰に何を聞かれても「ん、ちょっとね…」と言葉を濁してその場を去っているでしょう。

考え方も行動も、一貫させることで初めて成果への道は開かれます。

間違った教えや考え方に流されると、そのために費やした時間や費用も無駄に終わることとなります。

資金も時間も労力も限られていますので、正しく使って成果へと繋げていきましょう。

まとめ
  • 明確な目標や願望、その達成計画には機密性をもたせ、無闇に発信しない
  • 目標が生み出すエネルギーも、垂れ流してしまうか溜め込んで爆発させるかは自分次第
  • 顕在意識で作成したものも、潜在意識へと落とし込まなければ意味がない