成功者になるための9つのエッセンス|ナポレオン・ヒルの成功哲学

原石

人が何かを成し遂げるには運否天賦ではなく、きちんとしたロジックが存在します。

ロジックですので、なにか一つではなく、さまざまな要素が正しく噛み合い、歯車として作用しないと成果へと繋がることはありません。

これは私の今までの経験と、これまでにお会いした方々の追跡からも明らかですが、ロジックを持ち合わせていないと、たまたま成果に繋がることはあっても、その成果が永続することはありません。

この記事では、ナポレオン・ヒルの成功哲学に基づき、成功者たる人たちが一体どのようなエッセンスを持ち合わせていたから成功できたのかについて、ナポレオン・ヒルの成功哲学に20年従事している専門家がひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

信念と潜在意識の関係性

連鎖反応

信念に裏付けられた願望や目標は、潜在意識の世界に入ると、直ちに作用を受けるとナポレオン・ヒルの成功哲学では言われています。

ここで言う信念とは、根拠があり、かつ間違いないと自信を持てるものでなければ信念とは呼べません。

ですので、その信念が裏付けも何もない状態では、当然願望や目標を裏付けるに値するものにはなりませんので注意が必要です。

ほとんどの方は、この信念が「根拠のない自信」の状態でスタートしてしまっているのです。

これでは上手くいくものも、上手くいくはずがありません。

心を占める程に強い欲求に刺激された顕在意識は、潜在意識から力を与えられ、それを信念によって強化します。

この裏付けこそが、失敗の不安や恐怖を取り除き、新たに自信を植え付けるのですが、これが天才と呼ばれる人々の秘密である、とナポレオン・ヒルの成功哲学では解かれています。

天才とは、潜在意識の力を最大限に引き出す能力を持つ人々のことを指す、ということです。

しかも、その天才的能力は、通常の能力と精神の機能を持つ人ならば、誰にでも開発することができるものなのです。

世間には天才は特殊な人間であるという誤った考えがあります。

しかし、長い時間をかけた研究の結果、天才の秘密の一部は解き明かされつつあります。

類稀な才能を持っていると言われる人々も、実際には何一つとして特別な能力を持ってはいませんでした。

むしろ天才と呼ばれる人々は、非凡な才能を発揮するために必要な一定のノウハウ、つまり潜在意識に従っているに過ぎないのです。

この仕組みが解き明かされた現代においては、あなたも天才的能力を発揮することができるということです。

なぜなら、天才と呼ばれている人々が用いている、ある一定のアイディアと行動のルールに従いさえすれば、あなたも同じように成果を得ることができるからです。

成功者になるための基本的な9つのエッセンス

原石

天才という表現は古典的すぎる上に、この記事をお読みの方もその古典的な意味での天才のイメージを持っているかもしれません。

そこで、ここでは表現を変えて成功者という表現に置き換えてみます。

成功者の基本的なエッセンスは次の通りです。

第1のエッセンス

第1のエッセンスは、ナポレオン・ヒルの成功哲学のスタート地点でもある、明確な願望や目標の設定です。

成功者は、その人生に何を望むのかを誰よりもはっきりと知っている人たちです。

成功者は余計なことはせず、直接願望の実現へ向けて行動できる人々のことです。

日常生活においても、ついついサボってしまったり、他のことに明け暮れてしまっているような状態の場合は、目標や願望が明確ではないか、もしくは設定方法が間違っているからに他なりません。

目標や願望は、ただ設定すれば良いだけではなく、明確であり、かつその達成計画も綿密であり、根拠があり、実現可能なものでなければなりません。

分かりやすく例えるなら、根拠も何もなく「お金降ってこないかな~」と願っているだけでは、永遠に達成されることはないのと同じです。

そしてこれは実はかなり多いパターンなのですが、現在願望や目標がないという人が私達に個別相談へ来るケースがあります。

しかし、特に願望や目標がないのであれば、それは無理に頑張る必要がないということです。

その場合には願望や目標が見つかってから、それを達成するための計画を立てるようにすれば、精神的に追い込まれることもなく、また行動が無駄に終わることも無くなるのです。

第2のエッセンス

第2のエッセンスは、その実践を現実の中で貫くことです。

ここでいう実践は一般的な信念ではなく、現実化された実践であり、明確な願望の実現に専念している実践のことです。

考えているだけや机上の空論では、全く意味がありませんし、永遠に何も実現されることはありません。

また、実践もただ行えば良いのではなく、綿密に計画立てられたものでないと、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるに留まってしまい、計画の達成も危ぶまれ、運任せになってしまうのです。

明確な願望は、全ての実践がその基礎を置く土台となるのです。

第3のエッセンス

第3のエッセンスは、人から人へ、心から心へと伝わる情熱や熱意、すなわちパッションとエンスージアズムです。

これは全ての人が学ぶべきことです。

エンスージアズムは活力の表現です。

それはあなたのモチベートされた強い精神と肉体的な魅力、そしてエネルギーの成果です。

それは瞳の輝きであり、声の広がりであり、握手の力強さです。

もちろんエンスージアズムを正しくコントロールする必要があります。

また、うまくいかない人がよくやってしまいがちなのは、ただの「空元気」です。

これでは相手にもその無理に明るく装っていることも伝わりますので、明るく見えるどころか怪訝にすら見えてしまうのです。

第4のエッセンス

第4のエッセンスは、想像力、すなわちイマジネーションです。

イマジネーションがなければ、新しい発案や着想は生まれることはありません。

イマジネーション無しには、一切の新しいものが不可能です。

イマジネーションもまたコントロールされ、指導をされて初めて本来の力を発揮するものです。

このエッセンスは、明確な願望や目標によってさらに大きな力を発揮します。

想像における落とし穴は、「楽観」することで現実に目を向けないことです。

積極的になることは非常に大切な要素ですが、楽観しているようでは永遠に目標や願望を達成することはありません。

第5のエッセンス

第5のエッセンスは、モチベーションです。

モチベーションには、10の種類が存在します。

10のモチベーションについて詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になります。

健全な人間において、行動には必ずモチベーションがあります。

全ての行動の背後には、理由があるのです。

つまり、頑張るためのモチベーションは外部にあるのではなく自分自身にあるのであって、他人にどうこうしてもらうものではない、ということです。

モチベーションが上がったり下がったりを繰り返す人というのは、自分自身ではない外部にモチベーションを上下されているからに他なりません。

第6のエッセンス

第6のエッセンスは、パーソナルイニシアティブです。

これは、行動によって裏付けられたものでなければなりません。

先のモチベーションの項目でも挙げた通りですが、他人の命令や指図がなければ行動できないというのであれば、あなたは絶対に成功者になることはできません。

パーソナルイニシアティブ、つまり自主性は、全ての行動の出発点であり、迅速果敢な行動を取ることによって、その純粋さを保つ必要があります。

また、パーソナルイニシアティブのもう一つの意味は、あるがままに物事を見て、それに応じたやり方で物事を扱う能力のことでもあります。

第7のエッセンス

第7のエッセンスは、回り道をする習慣です。

例えば、給料が少ないからといって、それだけの仕事しかしないという考え方ではいけません。

他人の評価や報酬は、後からついてくるものだからです。

どうにかして先に得ようとしたり、何とかして近道を探そうとしても、それは結果的に遠回りになります。

一番面倒で遠く感じる回り道というものが、実は一番確実で、結果的に一番成功への近道となるのです。

第8のエッセンス

第8のエッセンスは、指導的精神です。

それは他者との協力や、連帯を可能にする能力です。

協力や連帯は常にケースバイケースですが、少なくとも成功を望むのであれば、他人の知恵や力を借りることを学ぶべきです。

一馬力よりも他馬力の方が圧倒的に力があるように、また他人の協力を得られるということは、成功の確率を格段に上げることができるようになります。

誰からも理解されない孤高の戦士や天邪鬼になっていては、成功からはどんどん遠ざかってしまっていってしまうのです。

第9のエッセンス

第9のエッセンスは積極的な心構えです。

9つのエッセンスの中でも、これが一番大切なエッセンスであるとナポレオン・ヒルの成功哲学では解かれています。

常に前へ向かっていく心を持ち、その姿勢を終始一貫、保持することができなければ、あなたは成功者と肩を並べることはできません。

そして、成功者の能力や発想を自分のものにするためには、積極的な心構えを持つことです。

イマジネーションの項目でも挙げましたが、常に「積極」でなければならず「楽観」であってはいけません。

私達に相談に訪れる方のほとんどは、積極ではなく楽観に傾いています。

積極的心構えとは、「なんとかなるさ」「大丈夫」といった楽観思考とは全くもって別のものなのです。

現在の自分に何が足りていないのかを知る

ひらめき

これまでに挙げた9つのエッセンスが、成功者になるために必要な条件です。

この記事をお読みの方も既に、この中のいくつかを持ち合わせていることでしょう。

そして自分の能力をチェックし、何があって、何が欠けているかを知るでしょう。

また、人によっては近しいようでズレている、間違っていたと気づくこともあるはずです。

ナポレオン・ヒルの成功哲学を学ぶ目的とは、ここにあるのです。

実践に裏付けられた思考は、どんな思考よりもいち早く潜在意識の中へ入り込み、その作用を受けます。

実践は、潜在意識の作用を強めたり早めたりする触媒であり、加速器です。

自分の心を現在の限界から解放できる人間は、どのような性質の問題であっても解決することができます。

その不可能を可能に変える力が、人間の潜在意識には宿っているのです。

なぜなら、その現在の限界を設定したのも、他ならない自分自身であるからです。

潜在意識を活用することで、成功へと近づく

ガッツポーズのキャリアウーマン

成功者はこれらの潜在意識の活用やエッセンスを、生まれながらに持っていたから成功できたわけではありません。

この記事をお読みの方同様に、いくつかは持っていて、足りないものを正しく補い、正しいベクトルと正しい努力で実践したからこそ、成果へと繋げることが出来るように「変わった」のです。

次は誰の番になるのか、自分なのか、それとも他の誰かなのかを決めるのは、他の誰でもない自分自身です。

このように決断することを繰り返し、そして正しく実践していくことで着実に歩んでいった人たちこそが、成功者と呼ばれる人たちなのです。

現在行動を起こしていても成果に繋がらない人は、行動が間違っているのか、教えが間違っているのか、心構えが間違っているのか、正しく診断して貰える人を身近に置くようにするべきです。

まとめ
  • 信念と潜在意識との関係を正しく理解し、歯車をきちんと動作するようにしよう
  • 天才や成功者とは特別な能力があるわけではなく、正しく力を使える能力を備えた人
  • 心構えから変えることで、自分の限界を振り払い、成果へと繋げることができる